総務辞典

社内報

社内報のターゲット

一番伝わるコミュニケーションとは、個別に、相手に合わせた内容で行なうことです。それを社内報で実現しようとするのであれば、全員に読んでもらえる企画、全員に伝わる企画は、そもそも不可能であることに気付かれるでしょう。確かに、会社の出来事や決算数字など、知ってもらう内容については、従業員全員がターゲットとなり得ます。しかし、しっかりと理解してもらう企画、共感され行動に結びつく企画については、ターゲットを明確に絞り、さらにそのターゲットについて熟知しないことには、作れません。

企画立案について、以下、いろいろな切り口を紹介していきますが、その際、最も大事なことが、読者ターゲットを絞り、そのターゲットについて知ることなのです。どのような思い、価値観を持ち働いているのか。現在抱えている不安とは。モチベーションの源とは。そのターゲットを思い描きながら企画を立案し、原稿を起こしていく。読まれるためには、そのことが大切なのです。


(執筆:ナナ総合コミュニケーション研究所


さらに詳しく、社内報、社内コミュニケーションについて知りたい場合、下記をご参照ください。

社内報づくりに悩んだら 社内報ナビ

MENU