総務辞典

テレワーク

テレワークとは

テレワーク(Telework)とは、勤労形態の一種で、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方の総称です。
よく言われる「在宅勤務」はテレワークの一つの形態です。

テレワークは雇用型と自営型に大別されます。
さらに、ワークスタイルとして、在宅型とモバイル型があります。

「雇用型/モバイル型」は会社に勤務し、移動して仕事をしている人で、主に営業担当者や出張者が該当します。

「雇用形/在宅型」は会社に勤務し、子育てや介護、あるいはワーク・ライフ・バランスのために家で働く在宅勤務者を指します。

「自営型/モバイル型」は、「ノマドワーカー」「SOHO」「フリーランス」と呼ばれる方で、自営で仕事をしつつ、コワーキングスペース、電車、カフェ、家など移動して仕事をするタイプです。

「自営型/在宅型」は、会社等に属さず家で仕事をしている「在宅ワーク」や「在宅就業」などと言われている働き方です。

(月刊総務2014年4月号特集「多様な働き方をサポートするユニバーサル就労の最前線」より)

201404H1.jpg

MENU