総務辞典

火災保険

火災保険の種類

近年各社で改定が行われ、以前のような商品名での区別(住宅火災保険、住宅総合保険、団地保険等)は無くなりつつあり、商品の一本化が進んでいます。
建物のタイプ(マンション/戸建)を選んだ後、建物タイプに応じた補償の範囲(ワイド・ベーシック・エコノミー等に分ける会社も有)や必要に応じてオプション補償を選択します。なお、共済商品としてJA「建物更生共済」や全労済「火災共済」県民共済「新型火災保険」などがあります。
なお、地震に対する補償は、一般的には地震保険を別途付帯しなければ補償されません。地震が原因の火災についても同様ですので、原則、地震保険を付帯することをお勧めします。


(執筆: 株式会社プラネット 専務取締役 鈴木伸尚)

MENU