月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】3月の業務ポイントと行事

2020-02-28 10:00

koyomi2002.jpg

クリックで拡大

◆3月の業務ポイント

▼入社式の準備
▼新入社員の入社前教育の実施と受け入れ態勢の総点検
▼新入社員の配属決定と教育計画の最終決定
▼新年度経営計画の策定
▼新入社員、異動者の名刺や社員証などの手配
▼定期人事異動の発表
▼昇給のための人事考課の実施
▼就業規則の見直し
▼保存文書類の整理と廃棄
▼売掛金の回収徹底
▼春季健康診断および春季防災訓練の実施
▼会社案内の作成
▼社内報の編集と発行

◆3月の月間&週間行事

▼3月1日-31日
・自殺対策強化月間(厚生労働省)
▼3月1日-7日
・春季全国火災予防運動(総務省消防庁)
▼3月1日-8日
・女性の健康週間(厚生労働省)
▼3月15日-21日
・こころの健康づくり週間(厚生労働省)
▼3月21日-27日
・人種差別と闘う人々との連帯週間(国連)


◆世界旅行気分

▼ブルネイ・ダルサラーム国(Brunei Darussalam)
brunei.jpg 東南アジアのボルネオ島北部に位置する立憲君主制国家。昨年の即位の礼の「饗宴の儀」で、天皇陛下の隣に座っていたのがブルネイ国王だったのは、記憶に新しい。ブルネイは三重県ほどの大きさの小さな国だが、自然と天然資源に恵まれた豊かな国で、石油や天然ガスを世界に輸出している。東南アジアでは、シンガポールに次ぐ高い経済水準と充実した社会福祉を実現。ブルネイ国民であれば、医療費・教育費は無料(つまりお金持ち国家)、治安も良く自然災害が少なく、豊かな観光資源を有することで知られている。日本とブルネイはエネルギーを基盤とした良好な関係を構築していて、お互いに欠くことができない大切なパートナー。ブルネイが輸出する天然ガスの約90パーセントは日本向けなのだ。


【DATA】(外務省HPより)
●人口:42万1,000人(2017年)
●面積:5,765km2(三重県とほぼ同じ)
●首都:バンダル・スリ・ブガワン
●言語:マレー語


『月刊総務』2020年3月号P6より転載