月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務の現場から】月曜午前中に"営業休"を導入。従業員のやる気も生産性も向上!

2019-02-15 10:35

待遇上の不利益は出ない"営業休"という形

 「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」をミッションに、Q&Aサイトや、500サイト以上に導入されているFAQシステム「OKBIZ.for FAQ/Help desk Support」などのソリューションを提供している同社。また、感謝を価値化し、「イイコトしたらイイコトある」社会を実現する新経済圏「感謝経済」プラットフォームを推進。さらにAI、サイバーセキュリティなどの技術を組み合わせた独自サービスの提供など、事業を拡大している。そんな同社では、2018年10月より月曜日の午前中を休みとする"営業休"を導入。「お客さまへの対応など、シフト制を取っている部署もありますが、原則、全職種、月曜の9時から12時は営業休としています」と、経営管理本部 経営企画部 コーポレートカルチャーグループ マネージャー 兼 人事労務室の山本卓也さん。"営業休"という形にしたのは、従業員に待遇上の不利益が出ないようにするため。「導入に当たっては、その点と、お客さまへの対応にもっとも気を遣いました」と、経営管理本部 経営企画部部長の廣川佳嗣さんは話す。

きっかけは、従業員の健康も考えての経営判断

 okwave02.jpgそもそも、この制度はトップの発案によるもの。トップは従業員のことを健康面も含めていつも気に掛けており、より生産性高く、効率良く働けるようにするにはどうすればいいか、を常に考えていた。そうした中、いわゆる「ブルーマンデー症候群」に注目。休み明けの月曜の午前中は気分が沈み、生産性が低い。であれば、いっそのことしっかりリフレッシュしてもらい、午後から出社すればいいのではないか、と考えた。ただ、同社が調べた限り日本初の試み。事例も教科書もない。3か月かけて検討を重ね、制度作りに取り組んだ。
 大変だったのは、現場に理解してもらうこと。当初、この話を聞いた従業員たちは喜びよりも不安が勝っているようすだった。そこに対して趣旨を説明し、丁寧なコミュニケーションを重ねて行った。他方、お客さまには、営業からの説明はもちろんのこと、請求書に案内の文書を同封し、理解と協力をお願いした。
 導入から2か月が経った12月現在、とても好評だ。従業員からは、「これまででいちばんいい制度」との声も上がり、お客さまからは苦情は一切なく、逆に「話を聞かせてほしい」といわれることもあるという。

従業員満足度と労働時間的に効果あり

 では、どのような効果が上がっているのだろう。「まず、気持ち的にかなり違います。日曜の夜から変わりますから。テンションが下がったまま1週間を始めるのか、リフレッシュしてスタートするのか。時間の使い方は人によって違いますが、私は、なかなか行けない行政機関の手続きなどを済ませています。それと、以前は、数字的な確認をする定例ミーティングが月曜の朝にあったのですが、金曜に移動しました。そのリズムに変えてよかったです」(廣川さん)。
 また、介護で週末は実家に帰っている人などにとっては、日曜の夜をゆっくり過ごせるのはうれしいだろう。ほか、月曜の午前中を、社内のサークル活動に充てている人もいる。このように、月曜の午前を営業休としたことで、時間の使い方、働き方が変わってきている。この制度を導入した背景には、「働き方はこうだ」というのではなく、「変わるということにみんなが慣れよう」とのメッセージもあった。働き方改革を推進する上で、これはあらゆる企業で参考になりそうだ。
 もちろん、生産性の向上につながらなくては意味がない。月曜の午前中の3時間分、1か月(4週)で12時間分が減ったわけだが、その分、効率的に仕事をするようになった。
 IT化も同時に進めているが、導入1か月後の労働時間を見ると、多い人で3時間増えている程度。総労働時間では9時間減った計算になる。「締め切りのある仕事もずれ込んではいない。つまり12時間分の生産性を上げられているということ。現段階では、従業員満足度と労働時間的には効果が出ています」(山本さん)。

社内の「感謝」を可視化する施策も好評。事業にも展開

okwave01.jpg ほかにも同社にはユニークな施策が多い。たとえば、海外のビールが置かれた無料飲み放題のBarスペース。業務終了後、従業員同士が部署の垣根を越えて、また、お客さまとも気軽にコミュニケーションを深め合える場となっている。ポイントは、グローバル展開を進めていく同社らしく海外ビールを置いていること。こうした仕掛けでも、企業文化の醸成、浸透をはかっている。
 従業員同士が「ありがとうカードオンライン」を使って「感謝」を伝え合う仕組みもある。業務には数字に表しにくいものもあるが、「感謝」を可視化することで、本人のモチベーションになったり、あるいは、新たな評価軸にすることもできる。ちなみに、この文化の浸透のため、一定期間、毎週のマネージャー会議で、部下に「ありがとう」カードを書いてもらう時間を設けたという。上司からすればカードを書くために一層一人ひとりの活躍を見るようになる。それをあらためて「ありがとう」と言葉にして伝えるのがいい。さらにこの仕組みを発展させ、2018年12月より、無料ピアボーナス・感謝メッセージングサービス「OKWAVE GRATICA」として対外的にも提供を開始。これは同社が推進する「感謝経済」プラットフォームの新サービスの一つ。感謝とともに「OK?チップ」という仮想チップを贈ることもできる。このチップは、感謝経済圏の参画企業からの優待品と交換ができたり、寄付などにも使えるという。
 今後は、こうしたさまざまな施策をグループ会社にも導入していきたいと考えている。そして、みんなで一緒に文化を作り、これからも同社ならではのサービスを生み出し続けることを目指していく。


【会社DATA】
株式会社オウケイウェイヴ
本社:東京都渋谷区恵比寿1-19-15ウノサワ東急ビル5階
設立:1999年7月
代表者:代表取締役会長 兼元謙任 代表取締役社長 松田 元
資本金:9億9,600万円(2018年6月30日現在)
従業員数:125人(単体)
https://www.okwave.co.jp/