月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】1月の業務ポイントと行事

2016-12-09 10:25

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子

◆1月のこよみ

 

koyomi201701.jpg
クリックして拡大
 

◆1月の業務ポイント

▼ 初出式(新年祝賀会)
▼ 関係官庁・取引先への年始回り
▼ 年始客の受け付け
▼ 初荷出荷式
▼ 年賀状の返礼
▼ 新年度経営方針および年間行事の発表
▼ 部課および取引先との新年会
▼ 次年度各部予算獲得の準備
▼ 自己申告書の提出
▼ 昇給・昇進・昇格・異動の人事考課
▼ 採用内定者の入社前教育
▼ 次年度入社案内の作成
▼ 社内報の編集と発行
 

◆1月の月間&週間行事

▼1月1日-3月31日
・消費税の確定申告 (国税庁)
▼1月15日-1月21日
・防災とボランティア週間(内閣府)
▼1月24日-1月30日
・全国学校給食週間(文部科学省)
 
 

◆世界旅気分!

 

▼フィリピン共和国(Republic of the Philippines)
philippines.png
 東南アジアに位置する共和国。西太平洋上に浮かぶ7,000の島々からなる。気温・湿度とも高い熱帯モンスーン型気候に属し、12月-5月は乾季、6月-11月は雨季となる。フィリピンは常に海外に1,000万人以上の労働者を抱えており、実に国民の10人に1人が出稼ぎ労働者なのだ。国民は「陽気で明るい」半面、犯罪も非常に多いのが実情。ところで、最近、なにかと話題のドゥテルテ大統領。昨年10月には来日も果たしている彼は、暴言大統領のニックネームも持つが、かなりの親日家らしい。フィリピン人を表す言葉、「フィリピーノホスピタリティー」。温かなもてなしの心を持って初めて会った人にも親切に接し、滅多なことではへこたれない、そんな国民性を表しているという。
 

【DATA】(外務省HPより)
  • ・人口:1億98万人(2015年)
  • ・面積:29万9,404km2(日本の約8割)
  • ・首都:マニラ
  • ・言語:フィリピノ語・英語

 
『月刊総務』2017年1月号P6より転載