月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務の現場から】
会社と従業員を結び、成長につなぐコミュニケーションコーディネーター

2017-08-17 10:37

ペットフードのカルカンや、チョコレートのスニッカーズなどでおなじみ、米国マース インコーポレイテッドの日本拠点マース ジャパンリミテッド。同社には、インターナルコミュニケーションを活性化させるためのコーディネーターがおり、従業員のエンゲージメントを高めるさまざまな取り組みを行っている。

取材・文◎石田ゆう子
 

優秀な個の力を生かすにもつながりの持てる組織へ

genba1709_04.jpg

 現在、日本市場において、ペットケア、スナックフード、ドリンクの3事業を展開している同社。人事部のコミュニケーションコーディネーターとして活躍する栄 夕香さんは、「弊社のカルチャーが体現されたオフィスや環境を整えていくことに取り組んでいます」と自身の役割を説明する。そのカルチャーの根幹ともなっているのが、同社独自の価値観をまとめた「マースの五原則」。昨年、オフィスを移転した際も、五原則やカルチャーが感じられるオフィス作りを軸にプロジェクトを進めた。そのほか、さまざまな施策に取り組んでいるが、そうした活動が加速したのは、2010年、現トップの就任がきっかけだった。
 
 当時、業績が低迷していた同社の雰囲気に、トップは、「優秀な人が集まっているのに、その力を発揮し切れていない。チームワークを大切に、つながりを持ってビジネスをやっていけば、より強くなれる。一つのチームとなってがんばっていこう」と、"ダントツナンバーワン”というモットーを掲げた。そのベースにも五原則の一つ、責任の原則があった。「個人の責任も全うするが、お互いが責任を全うできるようにサポートする責任もある。マースの働き方のコアのところには、支え合う文化があります。役割などの壁を取っ払って、いいおせっかいをしていこう、つながりを持てる組織にしていこう、と。シニアリーダーを集めての“ダントツチーム”を結成し、どんな取り組みをすればいいか、考えるところからスタートしました」。
 

従業員を発起人に、企画が自主的に回る仕掛けも

genba1709_03.jpg

 現在は、栄さんを含む有志8人による“チームコネクションズ”がその活動を引き継ぎ、つながりを高めるための施策に取り組んでいる。その一つが、夏の恒例イベントとなった「補助金をもらってコネクトしようキャンペーン」だ。これは、アソシエイト(従業員)が業務でかかわりがない人ともつながりを持てる企画を自由に考え、社内のメールマガジンやポスターなどで参加者を募って実行するもの。会社は一人当たりに一定の補助金を出す。野球観戦、ボルダリング、バーベキュー、県人会など、ほとんどが業務外のものだが、家族を会社に招いてのファミリーデーなど、フォーマルになっていった企画もある。ポイントは、アソシエイト自身が企画を考えるところだ。「やりたいことがある人を発起人に、自主的に企画が回っていく仕組みにしました。弊社には、役割を越えてでも、アイデアを出すことを推奨する文化があります。働き方だけでなく、コミュニケーションの施策でも、待っているのではなく自ら動いた方が実現しやすいとの文化を感じてもらえたら、と。もちろん、単に楽しい時間を提供しているだけでなく、目指すは、つながりを持つことの大切さを感じてもらうこと。そのメッセージを伝えていくにも大事なのは継続です」。
 

面倒だった表彰イベントが参加したいイベントに!

 グローバルでの取り組みもある。2年に1回、アソシエイトの仕事ぶりをたたえ合うイベント「メイクザディファレンスアワード」だ。アソシエイトは自身が取り組んできた仕事について、自薦、他薦問わずにプレゼンする。日本ローカルの大会からスタートし、日本代表はアジア大会へ、さらに勝ち進めばグローバル大会で発表をする。ベストプラクティスをシェアするという機会でもあるが、「何よりアソシエイトがどれだけがんばっているのかを知って、お礼をいいたい」との会社の思いがコンセプトになっている。しかし、日本では当初、「面倒なイベント」と捉えられる風潮があった。それを「参加したいイベント」に変えていこうと、2007年からかかわるようになった栄さんは試行錯誤を重ねた。大きく変わったのは、現トップが就任してから。一体感を醸成するにも「まずは人に興味を持つことから始めよう」とのトップの考えを受けて、周りの人がしていることを知ってもらえる、ストーリーテリング方式に変えた。書類選考をなくし、経営陣を前に「どのような気持ちで取り組んだのか」という思いを、10分ほどで語ってもらう形にした。その熱い思いに触れ、「いかに思いを持って働いているかがわかって感動した」と涙する経営陣も少なくなかった。そこから少しずつ、アソシエイトの反応も変わった。「話を聞いてもらって、お礼までいわれた」「以前とは違う。参加して良かった」との声が増え、次第に「自分も参加したい」となっていった。
 

つながり作りは継続が大切。時間をかけてこれからも

genba1709_02.jpg
 とはいえ参加は任意。強制はしない。ただ、ちょっとした工夫で後押しもする。たとえば、アソシエイト同士が感謝を伝えるサンキューメモを掲示板に貼る仕組みがある。事務局が「メモが貼られていましたよ」と本人に伝えつつ、「このお礼をいわれたプロジェクトで参加してみませんか?」と声を掛ける。より参加しやすいよう、相当な時間をかけて改良をし続けている。ある年からは、「発表を聞きたい」との声に応えて、オーディエンス席を設けるようにした。日本代表を選ぶ決戦のステージは、アソシエイト全員が見ている中で行われ、アソシエイトも投票をする。「今では、このステージに立てて良かったという参加者が多く、大きく変わってきたなと実感しているところです。コミュニケーションの仕事は、アソシエイトに『これはいい』といってもらえたときが、少し結果が見えたとき。さらに良くしていくために、これからも取り組みを継続していきます」。チームコネクションズも4年目を迎えた。有志による活動だが、卒業するメンバーは次のメンバーにつないでいく。そこでもまた新たな人とのかかわりができる。一人でする仕事ではなく、いろいろな人を巻き込みながら、人と人のつながりのきっかけを作っていく。それがコミュニケーションコーディネーターなのだ。
 

【会社DATA】

マース ジャパン リミテッド
本社:東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス7F
設立:1975年12月
代表者:社長 森澤 篤
従業員数:約320人
 

マース ジャパン リミテッド
人事部 コミュニケーションコーディネーター
栄 夕香さん
さかえ ゆか●ホテルフロント、役員秘書を経て2006年入社。ちょうど犬を飼うタイミングで同社のオファーがあり運命を感じたとか。猫も飼っている犬猫ラバー。趣味はゴルフ。オフィス移転を機に自宅も人が集まるおうちをテーマに改装。「最近の休日は新しい家を満喫しています」。