月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】3月の業務ポイントと行事

2018-02-22 11:13

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子

koyomi1803.jpg

クリックして拡大

◆3月の業務ポイント

▼入社式の準備
▼新入社員の入社前教育の実施と受け入れ態勢の総点検
▼新入社員の配属決定と教育計画の最終決定
▼新年度経営計画の策定
▼新入社員、異動者の名刺や社員証などの手配
▼定期人事異動の発表
▼昇給のための人事考課の実施
▼就業規則の見直し
▼保存文書類の整理と廃棄
▼売掛金の回収徹底
▼春季健康診断および春季防災訓練の実施
▼会社案内の作成
▼社内報の編集と発行
 

◆3月の月間&週間行事

▼3月1日-31日
・自殺対策強化月間 (内閣府)
▼3月1日-7日
・春の全国火災予防運動 (消防庁)
・子ども予防接種週間(日本医師会・日本小児科医会・厚生労働省)
▼3月21日-27日
・人種差別と闘う人々との連帯週間(国連)
 

◆世界旅行気分

▼アルゼンチン共和国(Argentine Republic)
 
Argentina.jpg
 南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。東はブラジル、西はチリに国境を接し、国土の北にはイグアスの滝、南部にはパタゴニアを有している。首都のブエノスアイレスは、1816年スペインからの独立当時は小さな街だったが、イタリアやスペインなどからの移民が多く渡来し、今では中南米の中でもっとも欧州的な街となった。人口の90パーセント以上が欧州系だ。また、ブラジルに並ぶサッカー王国で、ご存じマラドーナ選手やメッシ選手の出身地でもある。アルゼンチンは大畜産国で、肉料理が大変充実。ソーセージや臓物も含んだ焼き肉の盛り合わせ「パリージャ」は特に有名。肉料理が多いことから、赤ワインが多いという。ステーキを食べて赤ワインで乾杯。アルゼンチン行きたくなってきた!
 

【DATA】(外務省HPより)

●人口:4,341万人(2015年)
●面積:278万km2(日本の約7.5倍)
●首都:ブエノスアイレス
●言語:スペイン語

『月刊総務』2018年3月号P6より転載