月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】7月の業務ポイントと行事

2019-06-27 01:32

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子
koyomi07.jpgクリックで拡大

◆7月の業務ポイント

▼中堅社員合宿研修の実施
▼新任管理者合宿研修の実施
▼中堅管理者研修の実施
▼昇進・昇格試験の実施
▼次年度定期採用業務
▼暑中見舞いはがきの発送
▼中元贈答品の発送
▼賞与の支給
▼OA機器の点検と導入の検討
▼安全週間キャンペーンの実施
▼夏の省エネキャンペーンの実施
▼オフィス環境の再検討
▼社員食堂の衛生管理の徹底
▼夏の健康管理対策
▼職場懇談会の実施
▼夏季厚生施設の利用割り振り
▼夏祭りなどへの企業参加と施設の開放
▼OB会総会の実施
▼提案の集計と発表
▼社内報の編集と発行

◆7月の月間&週間行事

▼7月1日-31日
・社会を明るくする運動全国強調月間(法務省)
・愛の血液助け合い運動月間(日本赤十字社・厚生労働省)
・労働者派遣事業適正運営推進月間(厚生労働省)
▼7月1日-7日
・全国安全週間(厚生労働省・中央労働災害防止協会)
▼7月21日-31日
・森と湖に親しむ旬間(国土交通省・林野庁)


◆世界旅行気分

lesotho.jpg▼レソト王国(Kingdom of Lesotho)
 アフリカ南部に位置する立憲君主制国家。レソトは周囲をぐるり360度南アフリカ共和国に囲まれている世界でも珍しい国境線を持つ。また、すべての国土が標高1,500メートル以上という山岳地域で「天空の王国」と呼ばれている。実際、雲がつかめるのではないかと思えるほど、空を近くに感じられるそう。首都マセルにはイギリス植民地時代の建物が残り、どこかヨーロッパを思い浮かべてしまう風景も。ほかにも世界遺産の「セサバテーベ国立公園」や「マレツニャーネの滝」など、大自然を満喫できる観光スポットも多い。日本人にはまだまだなじみの薄い国だが、日テレの「世界の果てまでイッテQ!」で知っている人もいるかな?


【DATA】(外務省HPより)
●人口:223万人(2017年)
●面積:3万km2(四国の約1.6倍)
●首都:マセル
●言語:英語、ソト語


『月刊総務』2019年7月号P6より転載