月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】12月の業務ポイントと行事

2020-11-26 11:25

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子
koyomi12.jpgクリックで拡大

◆12月の業務ポイント

【年末年始各種業務計画の作成】
 年末年始はイレギュラーな業務や年末年始特有の対応があります。それらに着手する前に、まず「年末年始業務のチェックリスト」を作成しましょう。個人で対応している業務については、ほかの人が知らないと、リストから漏れてしまう可能性があるので、部署のメンバー全員で項目の出し合いをします。
 洗い出し項目は業務の分類、業務の内容、担当者、対応期日、進捗、必要となる工数予測などが挙げられます。企業によって項目や留意点はそれぞれ違うので、必要なものは追加します。あとはチェックリスト記載の各種業務・計画をカレンダー等に落とし込み、やるべきことを行えば、年末年始を乗り切ることができるはずです。

◆12月の月間&週間行事

▼12月1日-31日
・歳末たすけあい運動(民生委員、関係機関、団体等)
・未成年者飲酒防止強調月間(酒類に係る社会的規制等関係省庁等連絡協議会)
▼12月3日-9日
・障害者週間 (内閣府)
▼12月4日-10日
・人権週間(法務省)


◆世界旅行気分

▼ウクライナ(Ukraine)
ukraine.jpg 東ヨーロッパに位置する共和制国家。ロシアをはじめとする多くの国々に囲まれ、南側は黒海に面する。黒海周辺は温暖だが、それ以外は大陸性気候で、夏は暑く冬は平均温度がマイナス5度という寒さになる。ウクライナ人はロシア人と同じ東スラブ民族に属するが、文化的にはポーランドなど東ヨーロッパの国々と関係が深い。国土の95パーセントが平たんな農地のウクライナは、欧州の穀倉地帯として知られ、肥沃(ひよく)な黒土地帯では、小麦やテンサイ、ひまわりなどが大農場で生産されている。また、ウクライナといえば美人が多いと有名だ。ただ美しいだけでなく、とても優しい女性が多いという。しかし、日本人が思い浮かべるウクライナといえば、やはり旧ソ連時代のチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故だろう。


【DATA】(外務省HPより)
・人口:4,205万人(2019年/クリミアを除く)
・面積:60万3,700km2(日本の約1.6倍)
・首都:キエフ
・言語:ウクライナ語、その他ロシア語等



『月刊総務』2020年12月号P6より転載