月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】2月の業務ポイントと行事

2021-01-28 11:32

文◎すずきひろみ/イラスト◎ 佐野繭子
koyomi_02.jpgクリックで拡大

◆2月の業務ポイント

【新入社員入社前教育の実施】
 入社前教育には、大きく3つの目的があります。1つは内定者の不安や悩みを解消すること。内定者は会社になじみ、会社の人とうまくやれるのか漠然とした不安を感じています。2つ目はスキルを身に付け、即戦力として活躍してもらうこと。そのためには人材をスキルアップさせることが重要です。そして3つ目は内定辞退の防止。転職が当たり前の今、内定辞退をしやすい環境になっています。したがって企業側の積極的なフォローが必要です。
 入社前教育の実施内容としては、勉強会、アルバイト、eラーニング、合宿などが挙げられますが、コロナの状況を見つつ、対応を考えていきましょう。

◆2月の月間&週間行事

▼2月1日-3月18日
・サイバーセキュリティ月間 (内閣サイバーセキュリティセンター)
▼2月1日-2月28日
・省エネルギー月間 (経済産業省)
・相続登記はお済みですか月間(日本司法書士会連合会)
▼2月16日-3月15日
・所得税の確定申告(国税庁)

◆世界旅行気分

tajikistan.jpg▼タジキスタン共和国(Republic of Tajikistan)
 中央アジアに位置する共和制国家。国土の90パーセント以上が山岳地帯で、その半分が標高3,000メートル以上の高地となっている。世界でもっとも高い位置にある国であることから「太陽の麓の国」とも呼ばれている。タジキスタンは、かつてはペルシャに含まれていた長い歴史を持つ国。宗教は大多数がイスラム教だが、なんと酒を飲む、それもウオッカだ。これはかつてこの国を支配していたソ連の影響といわれている。
 そしてタジキスタンの美女の基準がおもしろい。「太く長い眉毛を持った女性が美人」なんだとか。都市部では西洋風になっているが、地方ではまだ左右の眉毛の間を黒い染料で染めた一本眉の女性たちも見かけられるという。


【DATA】(外務省HPより)
・人口:930万人(2019年)
・面積:14万3,100km2(日本の約40%)
・首都:ドゥシャンベ
・言語:タジク語


『月刊総務』2021年2月号P6より転載