• TOP
  • ニュース

2017年3月28日
【調査】2018年新卒、「攻めの採用」施策は?


 株式会社ジョブウェブとレジェンダ・コーポレーション株式会社は共同で、新卒採用を実施する企業の採用担当者を対象に、2017年2月15日-2月28日までの間、2018年新卒採用活動について意識・実態調査を行い、その結果を発表しました。有効回答数は107社。


img_124822_1.png


 2018年新卒採用活動の目標人数について聞いたところ、52.7%が「前年度とほぼ同様」、33.6%が「前年度より増やす」と回答しました。採用基準の変化については、「前年度とほぼ同様」が79.1%、「前年度より上げる」が16.4%という結果に。採用目標とする学生の量と質について、前年レベルもしくはそれ以上と考えている企業が多いことがわかります。


img_124822_2.png


 また、計画段階での採用担当者の悩みを尋ねると、「学生との接触時期」(39.1%)、「有効な母集団形成策がわからない」(38.2%)が上位に挙がりました。さらに、採用の施策として「攻めの採用」のために取り組んでいることを聞くと、「大学・研究室訪問」が39.1%で最多。次いで「インターンシップ」(36.4%)、「採用広報」(31.8%)、「リクルーター」(31.8%)が続き、就職媒体に依存しない早期接触の手法が取り入れられているようです。「課題意識の強い母集団形成について施策を投じることで、エントリーを待つのでなく、主体的に学生に会いに行く『攻めの採用』に転じようとする企業の様子がうかがえる」(ジョブウェブ・レジェンダ・コーポレーション)


img_124822_3.png


img_124822_4.png


【お問い合わせ】
株式会社ジョブウェブ
http://company.jobweb.jp/
レジェンダ・コーポレーション株式会社
https://www.leggenda.co.jp/