• TOP
  • ニュース

2017年5月26日
8割が中間管理職層からの相談――日本産業カウンセラー協会


 一般社団法人日本産業カウンセラー協会は、 2016年度(2016年4月1日から2017年3月31日までの1年間)における全国37の相談室(対面相談)と、無料電話相談「働く人の悩みホットライン」の相談内容をまとめた統計結果を発表しました。


 2016年度における対面による相談件数は、合計4567件(男性2206件/女性2361件)、「働く人の悩みホットライン」での相談件数は、合計5671件(男性2784件/女性2887件)でした。合計の相談件数では、昨年より418件減少したものの、総計では今年も1万件を超える1万238件の相談が寄せられました。また、いずれも30-50代の企業中間管理職層にあたる年代の方からの相談が全体の約8割を占める結果となりました。


counselor1.jpg


 一般的に働き盛りといわれる年代でもある30-40代の相談者からの相談内容について分野別割合を見てみると、対面の場合と、無料電話相談を利用した場合で相談内容に相違が見られました。対面による相談では、「自分自身のこと」についての相談が32.9%ともっとも多く、その内訳として自分自身の「生き方」(35.0%)、「性格」(30.9%)、「人間関係」(19.9%)の順になりました。 一方、無料電話相談では、「職場の問題」についての相談が44.8%ともっとも多いという結果でした。その中でも「人間関係」が48.1%で最多となり、2人に1人は「職場の人間関係」で悩みを抱えていることがわかります。


counselor3.jpg


 本統計結果の詳細については、こちらをご確認ください。


【お問い合わせ】
一般社団法人日本産業カウンセラー協会
http://www.counselor.or.jp/

2017年5月25日
評価に納得できず転職・辞職を考えた――34%


 株式会社あしたのチームは、従業員300人未満の会社で、人事にかかわることがある会社経営者、人事担当者、人事評価を受ける立場の従業員各400人を対象に、転職・辞職に関するインターネット調査を実施し、その結果を発表しました。


 従業員に対し人事評価制度への満足度を聞いたところ、「満足している」と回答した人は3.7%でした。2014年の調査でも満足と答えた人は2.0%だったため、人事評価制度への満足度は3年前とほぼ変わっていないということがわかりました。


sub1.jpg


 会社経営者と人事担当者に対し、部下を評価しやすいと思うかという質問では、「評価しやすい」と「どちらかといえば評価しやすい」を合計した結果をみると約6割が「評価しやすい」と回答。 また、「評価しづらい」と「どちらかといえば評価しづらい」を合計した結果を役職別でみると、会社経営者は約3割、人事担当者は約半数が回答しています。人事担当者の2人に1人は部下を評価しづらいと思っていることがわかりました。


sub2.jpg


 また、人事評価制度を導入している人事担当者に対して、人事評価制度の運用について聞いたところ、「あまり運用されていないと思う」と「運用されていない」を合計すると、約半数が「運用されていない」と回答しました。「これまでの日本的雇用が通用しなくなっていると感じ、終身雇用や年功制を廃止して新しい人事評価制度を導入する企業が増えきています。しかし、人事評価制度の運用がうまくいかず、部下の評価がしづらいと思っている人事担当者もいるのかもしれません」(同社)。


 人事評価に納得できず、転職または辞職を考えたことが「ある」と回答した人は34.0%となり、3人に1人が人事評価に納得できず、転職または辞職を考えたことがあることがわかりました。その理由を自由回答形式で聞いたところ、「不当な評価だから」や「評価に対して給与が少ないから」という回答が目立つ結果となりました。


・自分の評価が低いと感じたから(30代)
・昇給が全くないから(30代)
・不当な評価だから(30代)
・決まりに従って運用されないから(30代)
・全く評価されないのでやる気がなくなったから(30代)
・給与水準を上げたいから(30代)
・評価される部署とそうでない部署が明らかだから(40代)
・評価に対して給与が少ないから(40代)
・能力が評価されていないから(40代)
・適正な評価がわからないから(40代)
・仕事ができる人とできない人が同評価だから(40代)
・頑張っても無駄だから(40代)
・きちんとした評価をしないで給料を上げたり下げたりされたから(50代)
・昇進しなかったから(50代)
・自分より仕事をこなしていない人の給料が高いから(50代)
・人事評価が好き嫌いで決まるから(50代)
・会社組織が不条理すぎるから(50代)
・ルールや規律を守り楽しく仕事がしたいから(50代)
・上司の評価基準が不明確だったから(50代)
・公平性がないから(50代)


 人事評価や制度の見直しが必要だと思うかという問いに対し、役職別でみると、「必要だと思う」という回答は会社経営者が54.3%、人事担当者が77.5%、従業員が56.3%という結果となりました。会社経営者や従業員と比べて、より人事評価にかかわっている人事担当者が人事評価や制度の見直しの必要性を強く感じていることがわかります。


sub4.jpg


【お問い合わせ】
株式会社あしたのチーム
http://www.ashita-team.com/

2017年5月24日
プレミアムフライデーを楽しむために必要なこと


 スリーエム ジャパン株式会社が展開するポスト・イット(R)ブランドでは、正社員の25から45歳男女を対象に、プレミアムフライデーの導入状況や満足度、さらには、プレミアムフライデーを楽しむために必要な工夫などについて、アンケート調査を実施しました。有効回答数は761人。


 プレミアムフライデーの導入状況を聞いたところ、2017年2月のプレミアムフライデーの実施率は5.1%、次月以降導入が決定している人の割合と合わせても7.9%と、全体の1割に満たない結果となりました。また、「プレミアムフライデーを楽しむために業務改善が必要だと思う」と答えた人の割合は、全体の6割以上に上りました。

img_127209_2.png

 プレミアムフライデーを楽しむために業務改善が必要だと思っている人に、その理由を聞いてみたところ、「仕事が溜まり、他の日に残業することになるから」が52.3%で過半数を占める結果となりました。さらに、「月末の金曜日は忙しい時期だから」(36.5%)、「求められている仕事が実現できなくなるから」「他の日に業務が集中し、対応力が低下しそうだから」(30.0%)が続きます。また、どのような改善が必要なのかを質問したところ、「業務の簡素化・効率化」「業務フローを見直しする」「会議の簡素化・効率化」が3大要素として挙げられました。なお、「会議の簡素化・効率化」として、「会議の時間を短縮する工夫」を実施している率は、26.0%と3割に満たない結果となっています。また、「会議で結論を出すための工夫」を実施している率は13.5%に留まりました。

img_127209_3.png

img_127209_4.png

 実際に「会社で会議の短縮をするために工夫している」と回答した104人、「会議で結論を出すために工夫している」と回答した54人それぞれに、どのような工夫をしているのか聞いたところ、上位は「事前準備」「進行」「ツール活用」に関する工夫が並んでいます。「ファシリテーターが会議を進行」(31.7%)するという回答は3割以上を占めており、その存在が重要視されていることがわかります。

img_127209_5.png


 調査結果の詳細はこちらにて確認できます。


【お問い合わせ】
スリーエム ジャパン株式会社
http://www.mmm.co.jp/office/
TEL:0120-510-333(受付時間 平日 9:00-17:00)

2017年5月22日
条例改正で「自転車安全利用推進者」選任が努力義務に――東京都


 東京都は2017年2月1日より「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を改正しました。これにより、自転車を事業で使用している、もしくは従業員の通勤に自転車使用を認めている事業者は、「自転車安全利用推進者」の選任が努力義務となりました。東京都はこのような事業者に対して支援し、自転車を安全に利用するための取り組みの推進をはかっています。


 改正された「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」において、一定の事業者に選任が努力義務とされた「自転車安全利用推進者」は、自転車安全利用に向けた従業員の研修等を行っていきます。


※自転車安全利用推進者の選任対象事業者
(1)自転車を事業で使用している事業者
(2)従業員の通勤に自転車使用を認めている事業者


 自転車安全利用推進事業者には「一般推進事業者」と「優良推進事業者」があり、両者は届け出(申請)書類や東京都の支援内容が異なります。


<一般推進事業者>
・自転車安全利用推進者を選任
・選任の上、東京都に届出書を提出すれば支援を受けられる
・東京都からの支援(定期的な情報提供、都が実施するセミナーの優先受講、安全利用推進事業者が行う研修への講師派遣等)


<優良推進事業者>
・自転車安全利用推進者を選任
・年1回以上、自転車安全利用に関する研修を実施
・自転車の安全利用に関する社内規程を整備
・以上を実施の上、申請書を提出し東京都が認定すれば支援を受けられる
・東京都からの支援(一般推進事業者が受ける支援、都ホームページへの自転車安全利用に向けた取り組み状況の掲載等、知事感謝状贈呈の選考対象とする)


 なお、知事感謝状は、優良推進事業者のうち、一定の基準(条例に規定された努力義務等をすべて履行等)を満たし、顕著な功労(地域の自転車安全利用促進に貢献等)が認められる事業者等に対して贈呈されます。


 制度の詳細については、こちらを確認いただくか、下記、東京都青少年・治安対策本部にお問い合わせください。


【お問い合わせ】
東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課
担当者名:樋口
TEL:03-5388-3190
E-mail:Mineko_Higuchi@member.metro.tokyo.jp

2017年5月18日
【調査】新入社員が「働き方改革」で重要だと思うテーマは?


 公益財団法人日本生産性本部は、2017年春に実施した新入社員教育プログラム等への参加者を対象にアンケートを実施しました。本調査は1990年より継続的に行っており、今回が28回目で、有効回答数は1916人。調査結果のうち一部をご紹介します。


 上司が外国人になったときの気持ちを聞いたところ、48.8%が「上司が外国人であろうが日本人であろうが関係ない」、40.0%が「日本語でよいなら上司は外国人でも構わない」と回答しました。一方で「上司は日本人が良い」と回答した人は、「外国人の上司より、やはり日本人のほうがよい」(9.7%)、「外国人の上司は望まない」(0.7%)と少数派となりました。


 「残業は多いが、仕事を通じて自分のキャリア、専門能力が高められる職場」と「残業が少なく、平日でも自分の時間が持て、趣味などに時間が使える職場」のどちらかを好むかとの問いには、「残業が少なく、自分の時間を持てる職場」を好むとした割合が74.0%と、昨年比で0.7ポイント減少したものの、2017年も高い水準を維持しました。


 「働き方改革」であなたが重要であると思うテーマは何か(12項目より3項目を選択)という質問では、「長時間労働の是正」が23.9%で首位に。次いで「有給休暇取得の推進」(17.8%)、「子育てや介護と仕事の両立」(15.2%)が続く結果となりました。また、「働き方改革」でもっとも関心のある勤務形態(時間と場所)は何か(6項目から1つを選択)という問いに対し、27.0%が「転勤のない地域限定勤務」と回答。「在宅勤務制度」が26.9%、「短時間型勤務」が19.4%で続きました。


img_128680_5.png


img_128680_6.png


 そのほかの調査結果の概要はこちらをご覧ください。


【お問い合わせ】
公益財団法人日本生産性本部 経営開発部
担当:清水・鎌田
TEL:03-3409-1119
FAX:03-5485-7750
http://www.jpc-net.jp

2017年5月11日
【調査】17年夏のボーナス平均額は?


 一般財団法人 労務行政研究所では、2017年の賃上げと同時期に交渉・決定した夏季賞与・一時金の妥結水準を調査・集計し(2017年4月19日現在)、その結果を発表しました。調査対象は東証一部上場企業127社。


 平均金額は全産業127社の平均で72万8662円、対前年同期比で0.0%と横ばいでした。製造業は同0.3%減、非製造業は同1.2%増となり、産業によって傾向が分かれました。同時期(各年4月)集計で見た過去4年の上がり幅は、2014年5.7%増→2015年3.0%増→2016年1.7%増→2017年0.0%と3年連続で前年を下回る結果に。


 なお、平均支給月数は127社の平均で2.39か月でした。同一企業で前年の月数との変化を見ると、2016年より月数が「増加した」のは37.8%、「同月数」は26.0%、「減少した」は36.2%となっています。


 詳細はこちらにてご確認ください。


【お問い合わせ】
一般財団法人 労務行政研究所
担当者:前田・高橋
TEL:03-3491-1242
E-mail:editor@rosei.or.jp

2017年5月 2日
【調査】仕事の満足度に影響する要因は?


 エン・ジャパン株式会社は同社がが運営する求人・転職支援サービス「エン転職」上で、「仕事の満足度」についてアンケートを実施し、その結果を発表しました。有効回答数は6427人。


 現在の仕事に満足している人にその要因を聞いたところ、第1位は「仕事のおもしろさ」(50%)、第2位は「人間関係の良さ」(45%)、第3位は「休日休暇日数」(33%)でした。


img_127746_1.png


 「仕事のおもしろさ」に関して、「知識量を増やすのは自分の取り組み次第という部分。知識が増える分、自分の仕事の幅が広がった」(25歳女性)、「自由度と裁量があるため、自分次第という責任もあるが、成長のためにもがんばりたいと思える」(33歳男性)といったコメントが挙がっています。


 年代別で20代のポイントが高いものは「人間関係の良さ」(全体:45%、20代:55%、30代:46%)で、30代のポイントが高いものは「仕事の裁量度」(同:28%、17%、27%)や「給与額」(同:23%、18%、28%)でした。


img_127746_2.png


 「人間関係の良さ」については、「同期同士の仲が良くプライベートでもよく遊びに行くので仕事、余暇ともに充実できている」(22歳女性)、「人間関係がとても良く、仕事がしやすい。互いに敬うことで円滑に業務が進む」(25歳男性)などのコメントが見られました。


 「仕事の裁量度」や「給与額」については、「店長になり、自分の裁量でできることも増えたため、店舗やスタッフのマネジメントは楽しい」(31歳女性)、「キャリアアップの試験に合格すれば、年収30万ぐらいは上がるのでやりがいはある」(33歳男性)、「自分で売上げ目標を設定し、自分で行動計画を立案し実践できる」(36歳男性)などの理由が満足度に寄与しているようです。


 一方、現在の仕事に満足していないという人にその要因を聞いたところ、第1位は衛生要因の筆頭である「給与額」(62%)、第2位は「成長しづらい環境」(47%)、第3位は「人間関係の悪さ」(44%)という結果になりました。特に20代の満足度を下げているのは「勤務時間」(全体:34%、20代:43%、30代:31%)、「休日休暇日数」(同:28%、36%、29%)といずれも働く時間に関する項目でした。


 社員満足度が高い会社に共通する特徴は何かと尋ねると、「社内の人間関係が良好」(70%)、「社員の表情が明るい」(57%)、「社員のスキルやキャリアアップを支援している」(44%)といった動機付け要因に関する項目が上位に。


 年代別で見ると、まだ仕事経験の浅い20代は「福利厚生が充実している」(全体:43%、20代:52%、30代:45%)、「オフィスがキレイ」(同:27%、32%、27%)、「社員の平均勤務時間が短い」(同:26%、32%、27%)といった衛生要因(働く環境)に関する項目の割合が高く、30代は「社員の平均年収が高い」(同:43%、41%、46%)や「社員が共有・共感している理念やビジョン」(同:34%、27%、35%)が支持を集めました。


img_127746_3.png

【お問い合わせ】
エン転職
https://employment.en-japan.com/