• TOP
  • ニュース

2017年5月11日
【調査】17年夏のボーナス平均額は?


 一般財団法人 労務行政研究所では、2017年の賃上げと同時期に交渉・決定した夏季賞与・一時金の妥結水準を調査・集計し(2017年4月19日現在)、その結果を発表しました。調査対象は東証一部上場企業127社。


 平均金額は全産業127社の平均で72万8662円、対前年同期比で0.0%と横ばいでした。製造業は同0.3%減、非製造業は同1.2%増となり、産業によって傾向が分かれました。同時期(各年4月)集計で見た過去4年の上がり幅は、2014年5.7%増→2015年3.0%増→2016年1.7%増→2017年0.0%と3年連続で前年を下回る結果に。


 なお、平均支給月数は127社の平均で2.39か月でした。同一企業で前年の月数との変化を見ると、2016年より月数が「増加した」のは37.8%、「同月数」は26.0%、「減少した」は36.2%となっています。


 詳細はこちらにてご確認ください。


【お問い合わせ】
一般財団法人 労務行政研究所
担当者:前田・高橋
TEL:03-3491-1242
E-mail:editor@rosei.or.jp