• TOP
  • ニュース

2018年1月22日
会社の企業理念を理解する新人社員、半数が「将来活躍するイメージがある」


 むすび株式会社は、全国の入社3年以内の会社員332人を対象に、「新人社員の『企業理念・価値観』に対する意識調査」をインターネットにて実施し、その結果を発表しました。


 「企業理念・価値観」を理解していると回答した新人社員(196人)を対象に現在働いている会社で将来活躍しているイメージがあるかを聞いたところ、「イメージはある」(12.0%)、「どちらかというとイメージはある」(40.3%)と50%以上の新人社員が活躍するイメージを持っていることがわかりました。また、同様の質問を「企業理念・価値観」を理解していないと回答した新人社員(84人)に聞いたところ、「イメージはある」と回答したのはわずか1.2%で、「どちらかというとイメージはある」(20.2%)と合わせても23.8%と半数以下という結果になりました。「このことから新人社員が「企業理念・価値観」を理解することは、将来の活躍イメージにも影響を与えると想定されます」(同社)。


 なお、入社後、会社から理念や価値観についての説明研修やミーティングなど、時間をとって説明が行われているかという質問では、「積極的に行われている」(17.5%)、「ときどき行われている」(40.4%)、「あまり行われていない」(25.3%)、「行われたことがない」(16.9%)という結果になりました。また、企業成長のために企業理念・価値観が必要だと思うかという問いに対しては、「必要だと思う」(23.8%)、「どちらかというと必要だと思う」(45.2%)と69.0%の新人社員が企業成長のために企業理念・価値観は必要だと回答。「どちらかというと必要ではないと思う」(5.1%)、「必要ではないと思う」(5.1%)は合わせて10.2%でした。


【お問い合わせ】
むすび株式会社
http://www.musubi-inc.co.jp