• TOP
  • ニュース

2018年5月15日
約7割が無期転換ルール「知らない」


 ディップ株式会社は、同社で運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」上にて、無期転換ルール(2018年問題)についてのアンケートを実施し、その結果を発表しました。有効回答数は1,369人。


 無期転換ルールを知っているか聞いたところ、「よく知っている」(9%)、「少し知っている」(22%)と、「知っている」と回答した人が31%だったのに対し、「まったく知らない」(42%)、「あまり知らない」(26%)と、69%が「知らない」と回答し、2018年4月から適用されたにもかかわらず、認知度が低いことがわかりました。


main.jpg
 無期転換への賛否を尋ねたところ、「賛成」57%、「反対」6%と、賛成する人が圧倒的に多い結果となりました。一方で、「わからない」37%と答えた人も多く、認知度の低さが理由の一つとして影響していることがわかりました。

 賛成した理由に、「雇用の安定が保証されるため」33%がもっとも多く、次いで「同じ仕事を続けられるため」18%、「契約更新の手間がなくなるため」「長期的なキャリア形成がしやすくなるため」「待遇改善が見込めるため」が12%と続きました。雇用の安定や同じ仕事を続けられることに、無期転換のメリットを感じている方が多いことがうかがえます。


sub2.jpg
 また、無期転換を希望したいかどうか尋ねたところ、「希望したい」が54%で最多。一方で、すでに希望した人は「すでに希望して受諾されている」「すでに希望したが、受諾されていない」を合わせても3%となり、無期転換への浸透度の低さがうかがえます。


 調査結果の詳細は「はたらこねっとユーザーアンケート -2018年問題(無期雇用転換)について」をご確認ください。
 

【お問い合わせ】
ディップ株式会社
https://www.dip-net.co.jp