新グローバル時代の到来。2020年の東京五輪を控え、急速な情報通信技術の進歩の中で、世界標準で持続可能な社会を作るため、企業も本業を生かした社会対応が喫緊の課題です。複雑化する課題解決には関係者が連携して価値創造する「協創力」が必須です。本サイトでは、拙著『協創力が稼ぐ時代』で示した方法論を、最新の課題に応用していきます。

著者プロフィール

株式会社伊藤園
常務執行役員 CSR推進部長
笹谷 秀光さん

東京大学法学部卒。1977年農林省入省。環境省大臣官房審議官、農林水産省大臣官房審議官、関東森林管理局長等を経て、2008年退官。同年株式会社伊藤園入社。管理本部経営企画部長、取締役CSR推進部長等を経て、2014年より現職。主な著書に『協創力が稼ぐ時代』(ウィズワークス・2015年)がある。


詳細プロフィールはこちら