総務のトピックス

文具:

コクヨの限定ショップで見つけた、総務パーソンにオススメの文具3選

2016-04-01 16:27

 2016年4月1日から4月3日までの期間限定で、株式会社コクヨの情報発信型ステーショナリーショップ「コクヨハク」が東京のJPタワー・KITTEにオープンする。


 コクヨハクは同社の最新文具や話題の商品に実際に触れて、体感してもらう目的で2013年から開催しており、今回で4回目。昨年は3日間で延べ2万5000人の来場者があったという。コクヨハクで実際に体感、購入できる商品の中でも、「月刊総務オンライン」読者に特にオススメの文具を3つご紹介したい。


※ 商品価格はすべてコクヨハクで購入時。税込み

kokuyohaku01.jpg
●カルカット【据え置きタイプ】1296円
 特殊加工刃がテープに対して垂直にあたるよう取り付けられているため、テープの切り口がまっすぐに仕上がり、軽い力で一気に切れるテープカッター。従来のテープカッターはテープを刃に対して、斜めに押し当ててなすりつけるようにして引き裂いていたため、のりが刃にたまりやすい構造だったが、カルカットはテープが一気に切れるので、のりがたまりにくい仕様になっている。


kokuyohaku02.jpg
●Beetle Tip 各162円
 太線・細線・二重線(囲み線)の3種類の線が引ける蛍光ペン。従来のツインマーカーのように、ペン先を使い分けるためにペンの上下を持ち替える必要がないのが特長。二重線は、文字を囲むようにマークできるため、コピーしても文字にかぶらず見やすさを保てる。カラーバリエーションはピンク、オレンジ、イエロー、ライトグリーン、ライトブルーの5色展開。1つのペン先で2色が使えるデュアルカラー(イエロー/ピンク、ライトグリーン/パープル、オレンジ/ライトブルー)タイプも販売している。

kokuyohaku03.jpg

●エアロフィットサクサ 432円

 刃先にかけて、刃の角度を徐々に広げることで、梱包や開梱作業でのダンボールの解体やPPバンドも簡単に切れるハサミ。ハンドル内部の空洞を設けた柔軟な樹脂層が、指にかかる力を分散させ、指への負担を従来より約40%軽減させるという。同社オリジナルの設計「グルーレス構造」で、粘着テープなどを切ってものりが付きにくいのもうれしい。



 今回紹介した文具のほかにも、コクヨハクオリジナル商品やカウネット限定商品の販売、マスキングテープやペンを使ってオリジナルのキャンパスノート、コクヨの文具を使った3Dメガネが作れるワークショップ、キャンパスノートの主力工場がある滋賀県とのコラボレーションコーナーなどが用意されているので、この週末、足を運んでみてはいかがだろう。


kokuyohaku04.jpg

▲コクヨ商品だけで作られたレールやしかけの上をボールがかけめぐる「文具ボールコースター」が出迎える

【お問い合わせ】
コクヨハク2016
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/haku/2016/

 

1