総務のトピックス

セミナー情報:

理念経営による事業承継成功事例から学ぶ

2018-05-18 10:30

20180518topics01.png
 ウィズワークス株式会社が運営協力している一般社団法人豊島いい会社づくり推進会(東京都豊島区、佐藤和夫代表理事)主催6月の定期講演会では、マテックス株式会社の松本浩志社長にご登壇いただきます。

 大手電機メーカー勤務、米国MBA等を経て、2002年に家業であるマテックス株式会社に入社した松本浩志さんは、10年かけて事業継承のための基盤づくりに取り組みました。OBを含む多くの社員との対話によって、後継者である自分の人となりを知ってもらう努力を根気強く重ねることと並行して、同社を支えてきた経営幹部、社員たちが大切にしている想いを言語化、整理して、2009年の代表取締役社長就任と同時に「新経営理念」として制定しました。

 制定直後は、理念を掲げ事業を通じて皆でそれを実現していくというコンセプトは、社員には容易に受け入れられず、「経営理念浸透カフェ」などの対話の機会を設けるなど、何年もかけて社員一人一人の理解を深めていきました。そうした松本社長による経営理念浸透のさまざまな取り組みが奏功し、250名の社員の一人一人が「自分のもの」と言えるまで経営理念を深く理解、共感し、全ての行動、判断の基軸とするにまで経営理念の力を強くすることに成功ました。そして、2013年の85周年に向けて、この経営理念を基軸にしてマテックス株式会社の組織力、事業力、社会影響力がどんどん強化されていきました。

 理念経営をさらに強化するものがコアバリュー。会社の目指す方向性や在り方を示す経営理念は、身体に例えると骨格のようなもの。そして、コアバリューは筋肉や筋の柔軟性など、自分たちの努力次第でいくらでも体質改善し、健康になれるもの。コアバリューの言語化、整理にも全社員が参画し、最終的に集約された10項目のコアバリューが、一人一人の自律的な行動の拠り所として機能するようになりました。

 コアバリューという強力な武器を手にして、マテックス株式会社の「理念経営」は松本社長の手からどんどん離れていき、社内ではさまざまな課題が自然発生的なプロジェクトによって協議・検討され、改善の取り組みが日常的に行われるようになりました。

 こうなると、会社はどんどん良い方向へと向かっていきます。

 このような松本浩志社長の16年間の取り組みを中心に、講演会では、理念経営の成功のポイントや、それをドライブするコアバリューの意義、策定方法、また、事業承継や組織変革の実践的な進め方などを解説していただきます。

【講演会開催概要】
日時: 2018年6月21日(木)16時00分?18時00分(受付:15時30分)
会場: マテックス株式会社本社3階会議室(東京都豊島区上池袋2-14-11)
参加費: 豊島いい会社づくり推進会会員は無料
     非会員:4,000円(消費税等込み)但し、参加と同時に入会の場合は年会費から控除
     大学学部生:無料

WEB申し込みフォームはこちら;
https://goo.gl/forms/92OBi2cH7zl9O8P83

詳細・FAX申し込みフォームはこちら;
http://pdf.wis-works.jp/toshima/2018/20180621kouenmatex.pdf

マテックス株式会社のコーポレートサイトはこちら;
http://www.matex-glass.co.jp/

一般社団法人豊島いい会社づくり推進会の詳細はこちら;
http://pdf.wis-works.jp/shiryou/201704/toshimaekaishasuishinkai2017.pdf

 

セミナー情報:

「働きがいNo.1企業」に学ぶ実践的な組織活性策

2018-03-27 11:00

 新横浜に本社を置く社員数約80名のITベンチャーに、 東大、東工大など一流大学の新卒学生が続々と入社を決めています。

 優秀で成長意欲の高い新卒学生を魅了するそんな「働きがいNo.1企業」は、アクロクエストテクノロジー株式会社

「働きがいのある会社」ランキング第1位(*1)、「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」などを受賞したアクロクエストテクノロジー社は、創業当初から「社員が主役の会社」にしようと、社員みんなが気持ちよく働くことのできるさまざまな仕組みを作ってきました。

(*1)従業員数25-99名部門。直近4年間で第1位3回、第2位1回ランキング

 もちろん、そのプロセスは試行錯誤の連続。うまくいかないこと、失敗することも多々あったとのこと。それでも、「社員が主役の会社」をつくるという目的を見失わず、なぜうまくいかないのか、なぜ失敗したのかを社員みんなで考え、話し合い、進化を重ねてきました。

 その27年間の「働きがいのある、いい会社づくり」のノウハウを、自社だけのものにするのではなく、同じような悩み、課題を抱える全国の企業経営者、総務人事担当者と共有し、日本企業の活性化に貢献しようと、「組織いきいき実践勉強会」を主催しています。

 今年で3年目、第4期となる「組織いきいき実践勉強会」は、4月から9月までの全6回のコース(前半。後半は10月から来年3月まで6回コース)。

http://www.acroquest.co.jp/iki-iki/#015

 参加メンバー各社の直面する課題をクリアに整理した上で、半年間かけて「使命、理念、バリュー」、「有効な社員教育」、「業務効率を高める社内コミュニケーションの各種手法」、「価値のある会議、ディスカッション」、「人財を生かす評価制度、評価手法」などを学んでいきます。

20180327topics01.png

「実践」勉強会ですから、座学研修ではなく、アクロクエストテクノロジー社におけるさまざまな取り組み、失敗と改善のプロセスなどを共有しながら、常に自社に置き換えて考えることが求められます。その分、学んだあとの自社での実践にスムーズにつなげることができるといえるでしょう。

 歴史のある業績の安定した企業といえども、変化の激しい現代においては、これまでと同じ仕事をしていたのでは長期安定的な発展は望めません。一方、厳しい時代の中でも、社員が健康でいきいきと働く企業は好業績を上げ、安定的に成長しているという研究結果も見られるようになりました。

 そのように、社員が健康でいきいきと働く環境を作るのは、総務人事の重要な役割です。

 1回数時間で完結する個別テーマの講演会やセミナーでは、どうしても、施策や制度の表面的な姿を個別・断片的に知ることにとどまり、自社において実践するには情報が不足し、場合によっては誤った施策を導入してしまうことにもなりかねません。

「組織いきいき実践勉強会」は、年間を通して全12回のプログラムが組まれており、アクロクエストテクノロジー社の実践方法を具体的、かつ詳細に解説し、参加メンバーとのディスカッションを交えながら気付きをうながしていきます。

「全員参加での会議で物事を決めていくこと」、「給料も全員参加で決定すること」、「内定者の教育はすべて自費参加」など参加メンバーにとっては驚きの連続となるような施策、仕組みが次々と紹介されますが、勉強会、そして、懇親会と時間をかけて施策、仕組みの本質的な意味を考え、自社に置き換えた場合にどのようなことができるかというアイデアや感想を発言することが求められるため、実践につながる学びが実現するのです。

「本質」を学ぶこと、そして、すべての基本となる社員の「マインドセット」心合わせのための具体的手法を知ることで、業種・業態、歴史、風土、置かれた状況がさまざまに異なる参加メンバー企業においてもすぐに実践につなげることができているのでしょう。

 3月15日に終了した第3期のある受講者は、「まずは新卒採用者の入社時教育にアクロノート(*2)を昨年入社の新卒教育から採用しました。新人とメンター、人事がそのノートを見て、お互いに確認し合うことで、研修・教育効果が高まったと思っており、この春から入社する新卒もアクロノートを使って研修成果を高めたいと思っています。また、アクロクエストテクノロジー社では、社員が講師となり、他の社員に教える講習会が山のようにあり、しかも教えっぱなし、受けっぱなしではなく、最後はしっかりと試験をし、成績をつけるということを、弊社も取り入れ始めました。本格運用はこの春からですが、教える社員も含めて、研修・教育効果が高まることを期待しています」と、すぐに実践できることから取り入れている様子を語っています(一部上場大手エネルギー関連企業子会社の取締役管理部門担当)。

(*2) AcroDailyCheckNote:アクロクエストテクノロジー独自開発の業務管理ノート。詳細はこちら http://www.acroquest.co.jp/acro-dailychecknote

20180327topics02.png

(クリックで大きな画像が開きます)

 また、一社から2名での参加を推奨しており、勉強会で紹介されたアクロクエストテクノロジー社の実践している施策について、お互いに、どう感じ、どう自社に取り入れていきたいと思うかをシェアして、一緒に考えるようにしている参加企業では、自社への円滑な導入が実現されているようです。


詳細、参加申し込みはこちらから;
http://www.acroquest.co.jp/iki-iki/ikiiki-0404-2.pdf

 

セミナー情報:

『HRサミット四国2017』開催

2017-11-27 09:00

20171127topics01.jpg

12月5日(月)・6日(火)の2日間、愛媛県松山市「松山市総合コミュニティセンター」にて、四国初のHRサミットが開催されます。

採用、教育、風土づくり、人事制度、モチベーションアップ、異動配置、チームづくり、賃金制度、目標設定、社内活性、福利厚生、離職防止、勤怠管理、メンタル対策など幅広い領域に及ぶ「HR=人的資源」に関するテーマについては、企業規模の大小、地域エリア、業種を問わずどの企業でも常に課題があり、悩みが尽きません。だからこそ、効果的・効率的なHRに関する研究やサービス開発も進んでおり、HR情報に関しての知識レベルと活用レベルに企業間(さらに地域間)で大きな格差が生じてしまっています。

これまで、四国地方において最先端のHR情報を広く網羅的にカバーするサミット等のイベントが開催されてきませんでした。それにも関わらず、四国地方においても、常に世界の、日本の最先端のHR情報にアンテナを張って、いち早くさまざまな取り組みを始めてきた経営者は人事総務担当者の方々もいます。

経営における人の悩みは解決することができます。悩んでいるのは、その方法を知らないだけ、また、時の経過と共に悩みの源泉となる課題が変化しているからです。

さまざまな悩みを解決してきたHRの巨匠たち、四国の実践者たち、その道の専門家たち、総勢20名以上が登壇し、さらには、人工知能とIT化で急速に進化する最新のHRサービスに関する情報コーナーも用意された『HRサミット四国2017』。四国地方の企業経営者、人事総務担当者の皆さま必見のイベントです。

プログラム詳細はこちらから:
https://hrshikoku.com/

【開催概要】
日時: 12月5日(火)13:30 - 17:00
    12月6日(水)10:00 - 18:00
会場: 松山市総合コミュニティセンター
   (愛媛県松山市湊町七丁目5番地)
    http://www.cul-spo.or.jp/comcen/access/
参加費: 入場無料(「特別講演」のみ有料チケット制)
主催: 人事総務サミット四国2017実行委員会
企画: 株式会社カイシン
協賛: サイボウズ株式会社、株式会社明朗社、株式会社マイナビ

 

セミナー情報:

地方創生まちづくりフォーラム「まちてん」開催

2017-11-24 11:00

今年も12月7日(土)、8日(日)に、東京「渋谷ヒカリエ9階ヒカリエホール」で地方創生まちづくりフォーラム「まちてん」が開催されます。

主催は「まちてん2017実行委員会」。委員長を務めるのは、書籍『協創力が稼ぐ時代 - ビジネス思考の日本創生・地方創生』の著者で株式会社伊藤園常務執行役員CSR推進部長の笹谷秀光さん。

地方創生に企業の関与が不可欠であることは、広く認識されている通りです。そして、地方創生のさまざまな動きを企業にとっての「機会」と捉え、自社の事業や経営資源と結び付け企業成長を実現していくために、社会との接点となる総務部門の機動的な対応が強く求められていると言えるでしょう。

機会と捉えることができる「社会対応力」を磨き、地方創生のさまざまなニーズ、取り組みを「自社ごと」として解釈し、社内の各部署に展開することによって、「戦略総務」として企業価値を高める機能を果たすことができるでしょう。

昨年に続いて2日間にわたって開催される地方創生まちづくりフォーラム「まちてん」は、そのような社会対応力を磨くためのプログラムが多数用意されています。

まちてん2016(前回)の開催レポートをご参照ください: http://machiten.com/report.php

総務部門の皆さまにおすすめのイベントです。

プログラム詳細は下記の通りです。
==================
地方創生まちづくりフォーラム
『まちてん』
2017年12月8日(金)-12月9日(土)
ヒカリエホール(渋谷ヒカリエ9F)
(入場無料・事前登録制)

■来場登録はこちら >>> http://machiten.com/join.php
※各種プログラムへの参加は別途My pageからの参加登録が必要です(先着順)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まちづくりで活躍するイノベーターたちをご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼オープニング・トーク >>> http://machiten.com/opening.php
「地方創生の最前線とまちてんへの期待」 鈴木英敬氏(三重県知事)
「協創力による持続可能なまちづくり」 笹谷秀光(まちてん2017実行委員長/(株)伊藤園 常務執行役員)

▼特別セッション >>> http://machiten.com/special.php
12月8日(金)
「なぜ地方創生に『稼ぐ力』が必要なのか? - 企業の力を地方に活かすには -」
・名和高司氏(一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)
・笹谷秀光(まちてん2017実行委員長/株式会社伊藤園常務執行役員)
<ファシリテーター> 谷本有香氏(フォーブスジャパン副編集長)

12月9日(土)
「なぜ日本一/オンリーワンになれるのか?」
・篠田昭氏(新潟県新潟市長)
・入江嘉則氏(広島県神石高原町長)
・太田昇氏(岡山県真庭市長)
・肥後正弘氏(宮崎県小林市長)
・山崎結子氏(青森県外ヶ浜町長)
<コメンテーター> 藤吉雅春氏(フォーブスジャパン副編集長)/<ファシリテーター> 笹谷秀光(まちてん2017実行委員長)

▼特別企画
12月9日(土)
「働き方の多様性の最前線!ローカル・コワーキングの可能性」
http://machiten.com/session2.php#session9_1
・飯野勝智氏(株式会社TMO結城代表)
・坂本大祐氏(OFFICE CAMP(同))
・山居是文氏(旧三福不動産 代表取締役)
・森川正信氏(関内イノベーションイニシアティブ株式会社クリエイティブディレクター)

12月9日(土)
「飛び出した公務員が語る公民連携」- 活躍する元公務員の実態を解明!-
http://machiten.com/session2.php#session9_6
・寺沢弘樹氏(日本PFI・PPP協会業務部長)
・山本慎一郎氏(京都府久御山町日本版シティマネージャー)
・伊藤洋平氏((株)みんなのまちづくり代表取締役社長)
・松本昭氏((株)市民未来まちづくりテラス代表取締役)

▼カンファレンス>>> http://machiten.com/conference.php
8つのテーマを切り口に、2日間で総勢40名のイノベーターがトークを繰り広げます!
各テーマ枠後には聴講者参加型のクロストークで登壇者たちとのネットワーキングタイムも!
イノベイティブな取組をしている自治体登壇者を一部ご紹介;
<テクノロジー>
・「コンテンツ産業による街のリノベーション」臼井薫氏(松戸市経済振興部)
・「最新技術で変える!近未来の救急医療と社会」円城寺雄介氏(佐賀県政策部)
<芸術文化>
・「熱海市のブランド戦略」山田久貴氏(熱海市観光建設部)
・「広報はラブレター まちに恋する広報戦略」佐久間智之氏(三芳町秘書広報室)
<農林水産プロダクツ>
・「スター料理人を地方で誕生させる!!」寺本英仁氏(邑南町農林振興課)
<ファイナンス>
・「「ぶり奨学金」から始まる信用金庫との連携」井上貴至氏(前鹿児島県長島町副町長)
・「ふるさと納税21億円の集め方・使い方」竹中貢氏(上士幌町長)
<交流拠点>
・「鳥取県は星取県になりました。」井田広之氏(鳥取県観光交流局)
・「官民協働による地方創生とプロモーション」山田崇氏(塩尻市地方創生推進課)
<居住>
・「「子宝日本一」徳之島での古くて新しい試み」松岡由紀氏(伊仙町未来創生課)
<ソーシャル>
・「ここは写真文化首都だっ!!東川へ?」松岡市郎氏(東川町長)
<ツーリズム>
・「「ニセコ」の現状と取り組み」馬渕淳氏(ニセコ町企画環境課)
・「ゲームで岩手を売り込みます!」保和衛氏(岩手県秘書広報室)

▼セッション>>> http://machiten.com/session.php
大企業が地域と連携する地方創生最新事例をトークセッション形式で発信します!
初日のセッション登壇者をご紹介;
「エンタメでシビックプライド機運醸成!」by 株式会社ポニーキャニオン
・田中裕資氏(佐賀県政策部)
・KEN THE 390氏(アーティスト)
・村多正俊氏(株式会社ポニーキャニオン エリア・アライアンス部 部長)
「世界的視野と文化で持続可能なまちづくり」by 株式会社伊藤園
・尾崎正直氏(高知県知事)
・青柳正規氏(前文化庁長官)
・田中里沙氏(事業構想大学院大学学長)
・村椿晃氏(魚津市長)
・岡田高大氏(大野市長)
・笹谷秀光氏((株)伊藤園常務執行役員)
「テクノロジーによるラストワンマイル変革」by 日本郵便株式会社
・榊原健太郎氏(株式会社サムライインキュベート代表取締役)
・北島明文氏(福島県商工労働部ロボット産業推進室室長)
・波多野昌昭氏(株式会社Drone Future Aviation 代表取締役社長)
・加藤光博氏(日本郵便株式会社 郵便・物流事業企画部係長)
・福井崇博氏(日本郵便株式会社 事業開発推進室主任)
「地域の未来を創る真のパートナーシップ」by 株式会社NTTドコモ
・宮川舞氏(南三陸町観光商工課係長)
・藤田岳氏(南三陸ワインプロジェクト代表)
・山本圭一氏(株式会社NTTドコモ 東北復興新生支援室担当課長)
・山内亮太氏(株式会社ESCCA代表取締役)
「遊休資産の活用「Villaging」」by 株式会社ジェイティービー
・橋村和徳氏(株式会社VILLAGE INC代表)
・京谷潤氏(宇野港土地株式会社 常務取締役)
・門脇伊知郎氏(株式会社JTBコーポレートセールス 企画開発局観光開発プロデューサー)
・徳政由美子氏(株式会社ジェイティービー 国内事業本部法人事業部観光戦略担当マネージャー)
「音楽による社会関係資本創出への取り組み」by 株式会社ヤマハミュージックジャパン
・高橋史成氏(社会福祉法人柏市社会福祉協議会 社会福祉課課長)
・伊藤たけし氏(渋谷区議会議員)
・左京泰明氏(NPO法人シブヤ大学代表理事)
・佐藤雅樹氏(株式会社ヤマハミュージックジャパンおとまちプロデューサー)

▼レセプション・パーティー(有料・2000円) >>> http://machiten.com/reception.php
12月8日(金)夜に300名超の出展者・登壇者・来場者が集まる貴重なネットワーキング構築の場です! 
※各種プログラムへの参加には、来場登録後に別途My pageからの参加登録が必要です。先着順ですのでお早目に!!
※まちてん2017の取材をご希望のプレスの皆さまは、事前登録は必要ありません。
当日直接会場にご来場いただき、「プレス受付」にてご登録ください。その際、お名刺を2枚ご用意ください。


開┃催┃概┃要┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地方創生まちづくりフォーラム『まちてん』 - 日本のまちに、光をあてろ -
開催日時:2017年12月 8日(金) - 12月9日(土)
開催場所:ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9F)
コンテンツ:オープニング、カンファレンス、セッション、展示、レセプション・パーティー
主催:まちてん2017実行委員会 (実行委員長:笹谷秀光 (株)伊藤園 常務執行役員 CSR推進部長)
協賛(五十音順):イオン(株)、(株)伊藤園、(株)NTTドコモ、(株)ジェイティービー、日本郵便(株)、PwCコンサルティング(同)、富士通(株)、(株)ポニーキャニオン、(株)ヤマハミュージックジャパン
後援:内閣府、復興庁、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会
出展(予定):100社/団体
来場(見込):3,000名
▼『まちてん』公式ウェブサイトはこちら
http://machiten.com/
▼『まちてん』フェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/machiten2016/
▼『まちてん実行委員長』発信のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/sasaya.machiten/
▼『まちてん』ツイッターはこちら
https://twitter.com/machiten_jp
▼前回開催レポートはこちら
http://machiten.com/report.php

 

セミナー情報:

これからの働き方を考える
米ATD,3年間の動向を踏まえたダイアログ・イベント開催

2017-11-16 16:00

 誰もが健康で生き生きと働き、自分の強みを発揮して、仕事の喜びを実感できる働き方の実現を支援する株式会社ジョイワークス(東京都千代田区。代表取締役社長:吉田裕美子さん)は、12月4日、東京・大手町のパソナ本部ビル1階「TRAVEL HUB MIX」にて、「Dialog for the future」と題して本社移転イベントを開催します。

 ATD(American Society for Training & Development:米国人材開発機構)が毎年開催する人材開発、組織開発の世界的カンファレンスにおける最近3年間の議論の動向、変化の方向性や、株式会社ジョイワークス支援先企業における組織開発、人材開発の実績を踏まえ、これからの経営、これからのマネジメント、これからの働き方について、情報共有、問題提起し、参加者との対話を通じてそれぞれの解や方向性を見出すことを目的としています。

【Dialog for the future:セッション内容】
 1.「経営戦略としての働き方改革 - チェンジの実現」 田口光彦さん
 2.「ATD定点観測と日本におけるこれからの経営の提言 - 産業革命からの脱却」 吉田裕美子さん

【開催概要】
 日付:2017年12月4日(月)
 時間:14:30 - 17:00(受付開始 14:00)
 場所:東京都千代田区大手町2-6-2
    パソナ本部ビル(日本ビルヂング)1F
      TRAVEL HUB MIX
 お問合せ:電話 03-6869-7287
      E-mail info@joyworks.co.jp

【参加特典】
 ・その1:ジョイワークスの事例が記載された企業氏の抜刷り
 ・その2:研修評価を測るアンケートを改革する「アンケート改革マニュアル」
 ・その3:ジョイワークスが本気で取り組む研修の無料券(抽選で3社様)


お申込みはこちらから
 https://goo.gl/forms/YMoSZXtmr7V4BMQ42

※お席に限りがあるため、混雑状況によっては立ち見でのご案内になることがあります。

イベントのお知らせをPDFでダウンロードできます;
20171109topics01.png


株式会社ジョイワークス ホームページ;
http://www.joyworks.co.jp/

 

1  2