要求条件を伝える方法 〜プログラミング/ブリーフィング〜

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会  専務理事 成田 一郎
最終更新日:
2011年10月31日

 ファシリティマネジメント(FM)を実践している時、新築、リニューアル、オフィス移転、レイアウト変更などさまざまなプロジェクトがあります。その際、大切なことは、目標やコンセプトなどを含んだ明確な要求条件を作成することです。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

narita_photo

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会  専務理事
成田 一郎

経歴
日本大学理工学部建築学科卒業。1973年大成建設株式会社入社。技術開発部門にて住宅やオフィス等の技術開発業務に携り、企画やデザインを担当。1980年代よりFM関連の手法開発に取り組む。1989年日本ファシリティマネジメント協会に出向し、資格設立・教科書編集・協会法人化等に取り組む。1997年より本社FM推進部FM計画室長、チーフFMコンサルタント等歴任。2011年6月退社。2011年7月社団法人 日本ファシリティマネジメント推進協会(現:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会) 常務理事兼事務局長就任。2016年6月 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 専務理事に就任、現在に至る。

関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス