【事例資料プレゼント】大手企業はいかにして2021年の年末調整を成功させたか

最終更新日:
2022年06月23日
20220621OGP

本資料は8月31日までの期間限定公開となります。期間中は無料でダウンロードすることができます。

資料概要

年末調整といえば、秋の一大イベントと考えている担当者も多いことでしょう。もちろん、実際の作業は秋からが勝負ですが、実は年末調整をスムーズに進めるには、その年の春頃から年末調整の電子化へ向けたシステムの調査、社内検討など、事前準備に取り組むことが大切です。

従業員数千名〜数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこない、スムーズな年末調整システムの導入から、導入後の運用について、どのような取り組みをおこなったのかをご紹介します。

小売業や飲食業、鉄道、教育機関と多種多様な業種を参考にすることで、それぞれの業界の特性や注意すべき点などが、より具体的に理解できるかもしれません。本資料の事例をご参考に、スムーズな年末調整電子化への一歩を踏み出しましょう。

資料内容のご案内

CASE 1:株式会社壱番屋
学生アルバイトが多くを占める飲食業で、年末調整を電子化!業務を合計1ヶ月前倒しで完了できた秘策とは
CASE 2:株式会社サンドラッグ
導入4年目で年末調整の電子化を99.9%達成!サンドラッグが取り組んだ効率化の秘訣
CASE 3:株式会社大創産業
45,000名の全国スタッフの年末調整を電子化へ!ダイソーが初年度から成功できた理由
CASE 4:西日本旅客鉄道株式会社
基幹システムの改修、年末調整の電子化にあたり必要だったことは
CASE 5:学校法人福岡大学
三つ折り作業に仕分け作業も、毎年派遣スタッフを雇っての年末調整作業はWeb化によって大きく変わる

 

ダウンロード用入力フォーム

* 競合調査やいたずら、不正な入力での資料ダウンロードはご遠慮ください。
* 本資料の配布期間は予告なく変更することがございます。あらかじめご了承ください。


発信元

logo
資料内容に関するお問い合わせは発信元に直接お問合せください。

関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス