月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】2月の業務ポイントと行事

2018-01-26 16:48

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子

koyomi1802.jpg

クリックして拡大

 

◆2月の業務ポイント

▼新入社員入社前教育の実施
▼新入社員教育担当者の決定と研修
▼新入社員教育カリキュラムの決定
▼新入社員の配属検討
▼新年度経営計画作成
▼新年度部課内業務計画の作成
▼昇給のための人事考課開始
▼各種業務規程類の見直し
▼保存文書類の整理
▼社員寮・社宅等の点検と修理
▼職場における健康診断推進運動および生活習慣病予防月間への取り組み
▼省エネルギー月間への取り組み
▼社内報の編集と発行
 

◆2月の月間&週間行事

▼2月1日-28日
・北方領土返還運動全国強調月間
・相続登記はお済みですか月間(日本司法書士会連合会)
・全国生活習慣病予防月間
▼2月1日-10日
・出稼労働者福祉推進旬間
▼2月16日-3月15日
・所得税の確定申告
 

◆世界旅行気分

▼ネパール連邦民主共和国(Federal Democratic Republic of Nepal)

nepal.png

 南アジアの共和制国家。東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。ネパールといえばご存じ、世界一高い山のエベレストを含むヒマラヤ山脈があり、周辺一帯はサガルマータ国立公園で世界遺産となっている。多民族多言語国家なので、非常に多くの民族が住んでおり、生活習慣や文化もさまざま。言葉も50以上あるといわれている。また、隣接する中国やインド、チベットの影響を受け独自の食文化が育ったとされるネパール料理。日本人でも食べやすい食事が多いそう。現在日本からの直行便はないが、魅力いっぱいのネパール、なんだか気になる!
 

【DATA】(外務省HPより)
●人口:2,649万人(2011年)
●面積:14.7万km2(北海道の約1.8倍)
●首都:カトマンズ
●言語:ネパール語

『月刊総務』2018年2月号P6より転載