月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】12月の業務ポイントと行事

2018-11-29 15:41

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子
koyomi1812.jpgクリックで拡大

◆12月の業務ポイント

▼年末年始各種業務計画の作成
▼歳暮贈答品の発送
▼年末調整の最終準備と実施
▼年末賞与の支給
▼年賀状の発送
▼カレンダー、手帳類の配布
▼関係官庁・取引先への年末のあいさつ
▼文書類の整理・破棄
▼年末年始の防犯対策
▼冬季の健康管理の呼び掛け
▼新年度業務計画の準備
▼社内外の大掃除の準備と実施
▼初出式の準備
▼忘年会の準備と実施
▼年始回りの準備
▼社内報の編集と発行

◆12月の月間&週間行事

▼12月1日-31日
・歳末たすけあい運動(民生委員、関係機関・団体等)
・脱スパイクタイヤ運動推進月間(環境省)
▼12月3日-9日
・障害者週間(内閣府)
▼12月4日-10日
・人権週間(法務省人権擁護局)


◆世界旅気分

▼ハイチ共和国(Republic of Haiti)haiti.jpg
 中央アメリカのカリブ海にある共和国。イスパニョーラ島をドミニカ共和国と二分しており、島の西側に位置している。「ハイチ」とは、先住民族の言葉を語源として「山の多い土地」「山地・高地」を意味し、正式には1804年の独立宣言時に名付けられた。中南米の国としては、初めて植民地からの独立を宣言した、最初の黒人共和国。日本では、9月の全米オープンで日本人として初優勝した、大坂なおみ選手のお父さんの出身地として話題になった。モイーズ大統領も優勝を祝福。植民地時代は豊かで生産的な地域とも呼ばれていたが、独立後、さまざまな政治要因から今では西半球でもっとも貧しい国に。しかし、カリブ海のアフリカとも呼ばれ、アフリカ原点のすばらしいアートや音楽が生まれている。


【DATA】(外務省HPより)
●人口:1,084万7,000人(2016年)
●面積:27,750km2(北海道の約3分の1)
●首都:ポルトープランス
●言語:フランス語、ハイチ・クレオール語


『月刊総務』2018年12月号P6より転載