セミナータイトル 【ウェビナー】
車両事故の削減。総務が行うべき安全運転管理とは

総務の管理業務には、とかく人手によるものが多い。人の手を介すると、実施を忘れる、適当に報告される、実施までに時間がかかるなど、あまり生産的ではない状態となる。いまは様々なツールが存在する。多少コストは掛かったとしても、質が上がり、効率的に対処できる。今回は、特に社有車管理に絞り、ドライブレコーダーを徹底的に活用することでの、リスク管理、安全運転管理の実態に迫る。ドラレコの迫力ある映像で、交通事故防止のポイントを紹介する。

本セミナーはウェビナー(オンラインセミナー)です。
お手元にPCとインターネットの環境があれば、ご自宅や職場、遠隔地からでもご参加いただけます。

セミナー概要
開催日時: 2020年12月17日(木)10時00分~11時50分
参加費: 無料
定員: 100名
共催: パイオニア株式会社
注意事項: ※定員になり次第、締め切らせていただきます

申し込みは終了しました。



タイムスケジュール
10:00~10:10 【Program1】
コロナ禍、車両のリスク管理は?
講師:月刊総務編集長 豊田健一
10:10~10:30 【Program2】
効果的な安全運転指導を実現する通信ドライブレコーダーの活用とは
講師:パイオニア株式会社 モビリティサービスカンパニー
カスタマーエンゲージメント部 マーケティング課 山浦 敬太郎
10:30~11:50 【Program2】
ドラレコ映像で見る 管理者が知っておきたい交通事故防止のポイント
講師:株式会社ディ・クリエイト 代表取締役社長
一般社団法人 日本事故防止推進機構(JAPPA) 理事長 上西一美


セミナー講師紹介
月刊総務編集長
豊田 健一

株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス株式会社入社。2018年9月、分社化により株式会社月刊総務 取締役に就任。総務経験、社内広報コンサルティングの実績を生かしたコンサルティングや講演など多数。

パイオニア株式会社
山浦 敬太郎

2013年パイオニア株式会社入社。入社後は「サイバーナビ」、「楽ナビ」をはじめ、カーオーディオやドライブレコーダーなど市販商品の営業を担当。 2019年4月から、先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot」や「通信ドライブレコーダー」など法人向けのテレマティクスサービスのマーケティング、営業活動に従事。
現在は11月に発売した国内市販市場として初めての通信ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+」のマーケティングを担当しながら、当社のミッションである「交通事故のないクルマ社会の実現」に取り組む。

株式会社ディ・クリエイト 代表取締役社長
一般社団法人 日本事故防止推進機構(JAPPA) 理事長
上西 一美

タクシー会社の社長就任時代に事故削減率70%を実現。現場で培ったノウハウを元に独立し、以来コンサルティングやセミナー活動を行う。ドライブレコーダーの映像を使ったセミナーが好評を博す。年間400回以上の企業向け研修等を実施。交通事故防止を目的としてYouTubeチャンネル「上西一美のドラレコ交通事故防止」を開設し毎日動画を配信中。



お問合せ先 「月刊総務セミナー」運営事務局
TEL:080-4653₋6528 (受付時間 10:00~17:00 土、日、祝日を除く)
担当:小田切(おたぎり)
e-mail:d.otagiri@g-soumu.jp