総務辞典

私用メール、私用インターネット閲覧

予防

(1) 情報セキュリティポリシー(セキュリティに関する社内規定)の策定企業における情報を、何からどのように守るかという、いわば脅威に対する抑止、予防、検知、回復などについての、対策方針、考え方を明文化したもの。英国規格のBS7799から始まり、ほぼそのままISO17799となっている。通常、セキュリティポリシーの策定を専門家に依頼すると、数百万円から数千万円するが、BS7799に準拠した雛型が販売されており、導入しやすくなっている。

(2) 私用メール・インターネット予防ソフトを使用する。

(3) ログ解析

(4) モニタリングシステム(ソフト)を使用する。

●私用メール・インターネット予防ソフト

・ MAAT(マアト)
  インターネットの閲覧を規制したり、メールの送受信を規制したり、管理者がネットワーク内のパソコンの使用状況をモニターしたりというソフトは、それぞれ個別にはあるものの、これらの要素をすべて備えた上、さらに不正なアクセスやメールを遮断できるソフトがこのMAAT。

・ PHAROS(ファロス)& I-looker(LAN対応)
 不正なインターネット使用を解決する。教育上、有害なサイトへのアクセスを防ぎ、教育に最適なインターネット環境を整え、さらには、企業内の不正なパソコン使用に終止符を打てるソフトウェア。(PHAROSは、社団法人テレコムサービス協会(総務省外郭団体)にて、フィルタリングソフトとしては唯一、推奨された。)

MENU