周年行事:トップメッセージに欠かせない要素

最終更新日:2012年02月01日

周年行事:目次

●「創業○○周年を迎えた」ことの宣言


●全社の目標・社是や経営理念についてわかりやすく述べる


●創業者の思いや、その人となり、創業時の決意について述べる


●会社が直面した苦難と、それを乗り越えてきた歴史を述べる


●会社の信頼を築いたエピソード


●現在の会社の姿と課題について述べる


●会社にとって、全従業員が必要とされていることを述べる


●お世話になった方々への感謝を述べる


●未来のビジョンと期待について述べる

『月刊総務』2011年12月号より

●『月刊総務』の関連記事●

『月刊総務』2013年11月号 P59_70

「総務のマニュアル」

意義で捉え直す「周年記念」の進め方


201311hyou.jpg


周年記念事業は社内外の利害関係者に会社からのメッセージを伝える絶好の機会です。

本号「総務のマニュアル 意義で捉え直す『周年記念』の進め方」では、周年記念事業を記念式典や祝賀パーティ、社史の編さんなどの「記念祝賀系事業」と、周年を理由とした販売プロモーションや新商品開発、社屋の移転やCIの刷新などの「きっかけ系事業」の2類型に分け、それぞれ成功の秘訣、具体的な記念事業の進め方、企画のポイントなどについて12ページにわたって解説しています。


トップメッセージに欠かせない要素の内容に関連する記事

特別企画、サービス