経営・未来の記事・ニュース

経営視点・未来視点・俯瞰視点で総務を考える

総務部門は雑務に追われる「何でも屋」ではありません。当メディアがこれまで紹介してきた多くの企業が立証しているように、「総務パーソンが変われば、会社の未来が変わる」ことは紛れもない事実です。 本ページでは、能動的に動き、会社を変えていくための「戦略総務」に必要な、経営視点・中長期視点・俯瞰的視点に役立つ情報を分類してご紹介します。

illustAC_984866_20240620

退職代行の利用実態、1割の企業が経験 人材確保に向けて「賃上げ」以外にどんな施策が有効?

AdobeStock_200922415_20240619 (2)

山陰合同銀行がキャリア休職制度を導入、大学修学もOK 行員のライフステージの変化に対応

photoAC_22847924_20230926

免税事業者への新規発注、「原則発注しない」+「課税事業者を優先」が4割 東京商工リサーチ

月刊総務おすすめの視座別の3つカテゴリー

実務
Phase : 1 直面しているタスクを解決したい方
実務
組織の規模や方針によって、総務部門が担う業務範囲と責任は広く、重くなっていくものです。 自社が抱えるさまざまな課題に対して、根本的かつ中長期的に解決をはかりたいけど、その前に今抱えている業務の悩みを解決したいという人も多いのでしょう。 本ページではそんな実務を効率的に解決できる、直接的なノウハウに関する情報を分類してご紹介します。
強化・支援
Phase : 2 組織・他部署の支援につなげたい方
強化・支援
総務部門が担う普段の業務を発展させれば、他部門の現場を効率化・活性化させることが可能です。 本ページでは主体的・能動的に総務の業務を発展させるために必要な、サポート・アシストにフォーカスした情報を分類してご紹介します。
経営・未来
Phase : 3 中長期的に未来・経営視点を養いたい方
経営・未来
総務部門は雑務に追われる「何でも屋」ではありません。当メディアがこれまで紹介してきた多くの企業が立証しているように、「総務パーソンが変われば、会社の未来が変わる」ことは紛れもない事実です。 本ページでは、能動的に動き、会社を変えていくための「戦略総務」に必要な、経営視点・中長期視点・俯瞰的視点に役立つ情報を分類してご紹介します。

特別企画、サービス