総務辞典

保険の種類

逓増定期保険

逓増定期保険は、一定期間内における被保険者の死亡を保障するとともに、保険期間中一定額もしくは一定割合で保険金が増加する保険です。インフレによる保障の目減りを抑制するだけでなく、事業の成長に伴い経営責任も増大する役員の保障にふさわしい保険です。長期平準定期保険と同様、経過年数に応じた解約返戻金が貯まるので、退職慰労金等の準備ができます。
経理処理は、保険期間の前半6割に相当する期間と後半4割に相当する期間とに分けて行いますが、契約年齢と保険期間の関係によって、損金算入できる金額は異なります。


(執筆: 株式会社プラネット 専務取締役 鈴木伸尚)

MENU