コラム

総務 / ファシリティマネジメント / ユニファイドコミュニケーション

ユニファイド・コミュニケーションの活用方法
第4回「帯域幅とQoS」

2013年08月26日

改めまして。月刊総務オンラインでオンラインストレージのコラムも連載している吉政でございます。

最近、総務部門の方々にとってPBX(構内交換機)に置き換わる新しいITソリューション「ユニファイド・コミュニケーション・ソリューション」が話題に上がるようになってきました。そこで、総務部門の方に分かり易いよう、極力IT用語を使用せずに「ユニファイドコミュニケーション」を解説したく、本コラムを執筆することにいたしました。

コラムの第4回はユニファイドコミュニケーション・システムの関連でTelepresenceやテレビ会議システムを検討するときに出てくる「帯域幅とQoS(Quality of Service:キューオーエス)についてご説明します。


■そもそも「帯域幅」とは何でしょうか?

帯域幅」の正式な名称は「周波数帯域幅」のことを指しています。「周波数」でピンときた方もいると思います。電気通信の話であり、大雑把に説明すれば、「帯域幅」は通信スピードを示し、数が大きければ大きいほどスピードが速いことになります。この辺の感覚は昔のアナログ電話の通信とは違い、デジタル通信の話になります。

以前のアナログ電話の時代は、ネットワークがつながると、そのネットワークは1対1の通信となり、他の通信が流れることはありませんでした。現在はネットワークがデジタル化されており、音声のみならずデータ通信もパケット(日本語で「小包み」という意味)というデータの細切れにして、さまざまな種類のデータを同時に流していきます。
パケットという単位に細切れにして送信したデータを、送信先の機械でまた元通りにして文章や画像、音声にしたりしています。

この時に当然ながら、機械やネットワークの処理能力に限界が発生します。
電子メールの転送でしたら、少し待てばメールを読めますが、電話やTelePresenceなどの人間対人間が直接通信を行うサービスで、まったく制御せずにさまざまなパケットを流していくと、音声やTelePresenceの動画が途切れ途切れになったりします。普通の機械では、そのパケットが音声のパケットなのかTelePresenceのパケットなのか判別せずに送信していくからです。

そこで重要なのがQoSです。

「QoS」はQuality of Serviceの略称です。日本語で直訳すれば「サービスの品質」です。
どういうものかを説明すると、送信されていくデータの種類に応じて帯域幅を確保(予約)する仕組みです。
たとえば、音声やTelePresenceは途切れたりするとまずいので、機械のほうでこの2種類のデータが流れてきたら、優先的に帯域幅を確保して安定したスピードで通信をおこなうことができる機能です。これによって、高品質なサービスを展開できるという意味です。

このように説明するとQoS機能があるTelePresenceであれば、業者の手を借りなくても大丈夫!と思われるかもしれませんが、そうではありません。ネットワークや機器の処理能力には限界があり、いくらQoSを使っても対応できない場合もあります。たとえば、始業直後や会議が多い時間帯は電話やTelePresenceの利用頻度が高くなります。利用頻度が高い時は社員が忙しい時ですので、そのようなときに電話の音声が途切れたり、TelePresenceの画像が乱れたりすればクレームになりかねないです。かといって、最大頻度に合わせてネットワークを設計すれば、コストが高くなります。

やはり、ネットワークをどう設計するかは専門家に任せた方が、結局長い目で見て安くなると考えます。

いかがでしたでしょうか?
TelePresenceの検討時に出てくる帯域幅とQoSについて解説しました。
実際の事例をご覧になりたい方は以下のサイトをご覧ください。様々な事例をご紹介しています。
http://www.si-jirei.jp/Cisco/telepresence/

それでは次回もお楽しみに。

吉政 忠志
​​MENU