総務辞典

ウイルス対策

ワクチン

コンピュータウイルスを除去するソフトウェア。ウイルスに感染したファイルを修復し、コンピュータを感染前の状態に回復するアプリケーションソフトのこと。「ワクチンソフト」「アンチウイルスソフト」などとも呼ばれる。他のコンピュータとの通信状況を監視し、ウイルスの侵入を予防する機能を備えるものもある。ワクチンソフトは予め用意されたウイルス検知パターンとファイルを比較してウイルスを検出するため、検知パターンが登録されていない新種のウィルスを検出することはできない。検知パターンはワクチンソフトメーカーによって定期的に更新され、最新のパターンはインターネットなどを経由して取得できるようになっている。感染力の強い新種ウイルスが発見されると、大規模な感染を防ぐため、そのウイルスを除去するためだけの機能限定のワクチンが無償で配布されることもある。

MENU