コンピューターウイルス対策:ウイルス予防

最終更新日:2010年03月03日

コンピューターウイルス対策:目次

(1) 添付ファイルを受信したら、クリックする前に確認

 ・メール本文と矛盾しないか確認する

 ・すぐに開かずに、一旦保存して、ウイルスチェックをする

(2) 悪時を想定してデータの消失に備える

紙で記録しておきたい情報リスト

 ・ パソコンのメーカー・型番・サポートセンターの連絡先(電話番号・URL)

 ・ マイクロソフトのソフトのサポートセンター連絡先(電話番号・URL)

 ・ 使用しているウイルス対策ソフトの名称・メーカー連絡先(電話番号・URL)

 ・ プロバイダーの接続ID・パスワード・アクセスポイントとサポートセンターの電話番号

 ・ 加入オンラインサービス(銀行・ショッピングなど)のID・パスワード

(3) 最新のウイルス情報を常に入手

(4) ウイルス対策ソフトを更新・常駐する

●ウイルス対策ソフト

(1) シマンテック Norton AntiVirus 2001

http://www.symantec.com/region/jp/products/

 ・ Live Updateで定義ファイル更新

 ・ 電子メールの添付ファイルを監視

 ・ 常駐モードでウイルスを監視

 ・ いざという時の、救済ディスク作成

(2) トレンドマイクロ ウイルスバスター2001

   http://www.trendomicro.co.jp/homeuser/

 ・ リアルタイム検索で常駐してウイルス監視

 ・ パターンファイルを自動更新

 ・ メール受信時に添付ファイルをチェック

(3) ネットワークアソシエーツ社 Virus Scan

   http://www.nai.com/japan/mcafee/virusscan.asp


ウイルス予防の内容に関連する記事

特別企画、サービス