個人情報保護法:個人情報の第三者提供

最終更新日:2010年03月02日

個人情報保護法:目次

個人情報保護法では、個人情報の「第三者提供」を禁止している。通常、「第三者」は相手と自分の間のことに対し、他の人を第三者というが、個人情報保護法では、個人情報を他の事業者に提供することを指します。

例えば、ある従業員がアンケートをもらってきたとすると、そのアンケートの個人情報を他の従業員に提供することは個人情報保護法では問題ないが、そのアンケートの個人情報を他の会社に提供することは禁じられている。個人情報保護法では、同じ事業体のなかで利用することは、担当者が変わったとしても第三者提供とはならない。

(協力: 有限会社 人事・労務)

個人情報の第三者提供の内容に関連する記事

特別企画、サービス