月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】8月の業務ポイントと行事

2018-07-25 16:04

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子
koyomi1808.jpgクリックして拡大

◆8月の業務ポイント

▼中元贈答品のお礼状発送
▼夏季休暇申請の受け付けおよび実施
▼夏季休暇時の諸設備点検
▼夏季の健康管理指導
▼夏季の防犯対策
▼省エネ、クールビズの奨励
▼防災訓練の準備
▼採用内定者の管理(研修の実施)
▼入社前教育用資料の検討
▼来年度のカレンダーや手帳の発注
▼固定資産の管理点検
▼各種文書やデータの整理
▼社内報の編集と発行

◆8月の月間&週間行事

▼8月1日-31日
・パイン消費拡大月間沖縄県・農林水産省)
・北方領土返還要求運動強調月間(内閣府)
▼8月10日-16日
・健康ハート週間(日本心臓財団、厚生労働省)
▼8月25日-31日
・道路防災週間(国土交通省)


◆世界旅気分

▼ノルウェー王国(Kingdom of Norway)

 北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家。メキシコ湾流の影響で漁場に恵まれ漁業が盛んだ。ノルウェー産のサーモンやサバなどは、日本でもよく見かけるだろう。夏には白夜による深夜の太陽、冬はオーロラ、そして教科書でもおなじみの氷河がつくり上げる壮大なフィヨルドなどの大自然が魅了する。うーん、行ってみたい......。だが、ノルウェーは税金が高く、物価も高い。消費税は驚異の25パーセント! しかし実は給料も高く、医療費や教育費は無料。そう、ノルウェーは高福祉制度社会として世界的にも有名なのだ。あのムンクの「叫び」もオスロ国立美術館にある。物価が高くて外食やお土産には、思わず「ムンク顔」になりそうだが、ぜひ、一度は訪れてみたいものだ。


norway.jpg

【DATA】(外務省HPより)

●人口:525万8,317人(2018年)
●面積:38.6万km2(日本とほぼ同じ)
●首都:オスロ
●言語:ノルウェー語


『月刊総務』2018年8月号P6より転載