総務のトピックス

【会計トピックス】:

会計に強い社員を作るための最低限知っておきたい財務分析

2017-01-10 13:00

 企業の決算書には、企業の経営活動の内容やその結果に関する情報が包括的に表現されています。決算書を正しく読み取り財務分析を行うことができれば、企業の経営状態のみならず、今後の経営判断にも大いに役立ちます。
本稿では、財務分析の一般的分類とされる収益性・安全性・生産性・成長性の内容と具体的な指標について、数値例も交えて解説します。

財務分析の内容と指標

 財務分析は、一般的に以下の4つに分類されます。

(1)収益性
企業活動により利益の獲得能力があるのか。
(指標:売上総利益率、営業利益率、経常利益率、株主資本利益率など)

(2)安全性
 企業財務が健全であるのか。
(指標:株主資本比率、流動比率、固定比率など)

(3)生産性
 経営資源をいかに効率的に使用して、付加価値を生み出すのか。
(指標:労働生産性(=付加価値/平均従業員数)など)

(4)成長性
 企業の将来の成長可能性があるのか。
(指標:売上高成長率、経常利益成長率など)


財務分析の例示

 上記の財務分析のうち「(1)収益性」と「(2)安全性」に焦点を当て、以下に例示した同業種を営む3社の財務数値(3期分)を用いて、ここでは売上総利益率と株主資本比率の指標を比較します。

soumu_topics_20170110_01.png

 売上総利益率は、売上高に対する売上総利益の割合であり、この指標が高ければ高いほどその企業の市場競争力の高さを示します。しかし、少ない利幅で大量販売して売上総利益額を得るという戦略もとり得ることから、一概に売上総利率が高ければよいというわけでもありません。また、株主資本比率は、総資産に対する株主資本(自己資本)の割合であり、企業の長期的な財務安全性を示し、この指標が高ければ高いほど財務安全性が高いとされます。

 A社の売上総利益率と株主資本比率の指標は、B社・C社と比べていずれも低い水準を示しています。しかし、A社は、売上高は最も高い金額を計上していることから、B社・C社と比べて事業拡大に力を入れていることが想定されます。

 そこで、次にA社のみに焦点を当て、2つの指標の年度推移をみることにします。

soumu_topics_20170110_02.png

soumu_topics_20170110_03.png

 年度推移から読み取れることは、X3期において売上総利益率と株主資本比率はいずれも低下しています。これらの原因としては、例えば売上総利益率の悪化については事業規模の拡大戦略(X3期売上高は、X2期の売上高の1.5倍に拡大)を採った結果と考えられます。また、株主資本比率の悪化は、事業規模に伴う運転資金の増加を借入資金などによって賄った結果、総資産を大幅に増加させたと考えられます。事業規模の拡大戦略によって過大な借入金負担が企業の財務健全性を損なうおそれもあります。


最後に

 財務分析は、客観的に把握できる財務数値を用いて行われます。対象会社の財務数値だけでなく、同業他社の財務数値や同業種の業界標準の数値を用いることができるのであれば、それらの財務指標と対象会社の財務指標を比較することでより有用な分析が可能となります。また、財務分析にあたっては、単年度のみの財務数値を用いるだけでは不十分な場合も多いため、通常は最低3年分の財務数値を用いて分析することが望ましいです。

 なお、財務分析の結果は、今後の経営戦略や経営判断に活用することが目的ですので、財務分析の結果のみにとらわれすぎないよう留意が必要です。


連載協力:税理士法人AKJパートナーズ
    ( http://www.akj-partners.com/