総務のトピックス

イベントレポート:

第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 受賞企業決定

2017-03-01 18:35

「日本でいちばん応募資格が厳しい」とも言われ、そう簡単には応募することもできない賞。正しいことを正しく行い、人を幸せにする経営を実現している企業等の団体を表彰する、人を大切にする経営学会(会長:法政大学大学院坂本光司教授)の顕彰制度「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」だ。第7回を数える今回は、自薦・他薦による85社が応募し、2月27日、「経済産業大臣賞」「厚生労働大臣賞」など17件の受賞企業が発表された。

「人員整理を目的とした解雇や退職勧奨をしていないこと」「外注企業・協力企業等、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと」「黒字経営(経常利益)であること」などの厳しい5つの条件を5年以上にわたって満たしていることが応募資格。さらに、社員一人当たりの人財育成経費、高年齢者や障がい者の雇用、女性活躍推進の状況、会社の福利厚生制度・風土・職場環境に関する状況など、経営全般にわたり厳しい審査を経て、受賞企業が決定される。

坂本教授.jpg同日、法政大学大学院で開催された受賞企業発表記者会見で、受賞企業とその受賞理由を説明した審査委員長の坂本教授から、「障がい者雇用率が法定雇用率を大きく上回っている」「定年を設けず、多くの高年齢者が活躍している」「社員教育に熱心であり、所定労働時間内に5%以上の時間を教育訓練に充てている」「重度・精神障がい者を積極的に雇用し、全員正社員として健常者と同様の雇用形態を継続している」など、受賞企業の驚くべき取り組みや成果が次々と紹介された。経済産業大臣賞を受賞したTOTO株式会社は、正社員数6653名という規模ながら「過去5年間の転職的離職率が実質0%である」という。

そうした人を大切にする取り組みをしている上で、全ての受賞企業が黒字経営を実現し、増収・増益を続けている企業も少なくないという。「人を幸せにしていれば結果的に業績も上がるはず」という、人を大切にする経営学会の指摘を正に具現化している企業ばかりであることが分かる。

坂本教授の著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)はシリーズ5作累計で発行部数70万を超え、「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」も第7回を数え応募企業数が年々増加している。人を大切にする経営に対する興味・関心が強まっていることの表れであると考えられるが、一方で、人を大切にする経営が「業績を上げるため、また、人材を確保するために、人を大切にする」という論調で語られることも少なくないようだ。そうした状況に坂本教授は、「大学や大学院が間違った経営学を教えている。会社の目的とは人を幸せにすることである。そうした本質論が軽んじられ、業績を上げるための手法ばかりに目がいっている。正しい経営学が普通に語られるような世の中にしていかなければならない」と厳しく警鐘を鳴らす。

3月21日には、法政大学市ヶ谷キャンパスにて表彰イベントが開催される。昨年は650名を超える参加者を集めた同イベントでは受賞企業数社による事例発表や特別講演が予定され、「人を大切にする経営」を学び、感じて、交流できるプログラムとなっている。

大切にしたい会社大賞_集合.jpg

第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞AWARDの詳細・申込みはこちらから。


各賞の受賞企業は以下の通り。
経済産業大臣賞
 TOTO株式会社
厚生労働大臣賞
 学校法人 柿の実学園 柿の実幼稚園
中小企業庁長官賞
 コーケン工業株式会社
実行委員長賞
 新日本製薬株式会社
審査委員会特別賞
 株式会社アポロガス
 三和建設株式会社
 スズキ機工株式会社
 ゾーホージャパン株式会社
 有限会社ツマガリ
 株式会社特殊衣料
 株式会社ネオレックス
 武州工業株式会社
 株式会社ベル
実行委員会特別賞
 株式会社ウェルテクノス
 株式会社ツバサ・翼学院グループ
 社会法人実誠会なるみ園
 社会福祉法人 太陽会