総務パーソンが押さえておきたい2020年11月のトピックス

最終更新日:
2020年10月27日

法務

執筆/小沢・秋山法律事務所 弁護士 香月裕爾

もし従業員が新型コロナウイルスに罹り患かんしたら

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、多くの企業において、いつ従業員の感染が確認されてもおかしくない状況にあります。それでは、従業員の感染がPCR検査等で明らかになった場合、企業はどうすべきでしょうか。

保健所は、感染確認者の近時の行動歴などから濃厚接触者を特定し、濃厚接触者は2週間程度の自宅待機が命じられます。企業は、保健所の行う調査に協力し、事務所の見取り図等を保健所に提出するなどして調査に協力することになります。もちろん、感染確認者が勤務していた部署の消毒なども必要になります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス