月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】11月の業務ポイントと行事

2017-10-26 10:22

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子

 

 
koyomi1711.jpg

◆11月の業務ポイント

▼職業能力開発促進月間、ゆとり創造月間、秋の全国火災予防運動などへの取り組み
▼年末調整のための準備(申告書の配布等)
▼賞与の決定と手続き
▼冬季保養施設の確保
▼歳暮贈答品の手配
▼年賀はがきの準備
▼カレンダー、手帳の配布準備
▼暖房器具の点検・整備
▼忘年会など、年末行事の企画準備
▼社内報の編集と発行
 

◆11月の月間&週間行事

▼11月1日-30日
・標準営業約款普及登録促進月間(Sマーク普及月間)(厚生労働省)
・政府刊行物普及月間(財務省)
▼11月1日-7日
・バードウォッチングウィーク(日本野鳥の会)
▼11月2日-6日
・全国とうふ祭り(全国豆腐油揚商工組合連合会)
▼11月11日-17日
・税を考える週間(国税庁)
 

◆世界旅行気分!

▼モナコ公国(Principality of Monaco)
monaco.jpg
 西ヨーロッパの立憲君主制国家。フランスのコート・ダジュールとイタリアの国境近くに位置する都市国家であり、世界で2番目に小さい国。日本人のモナコのイメージは? グランプリ、グレース・ケリー、安全、金持ち、といったところだろうか。そう、モナコは金持ちになった人たちが住みやすいように造られた国といわれている。もともとモナコ国籍の人は全体の20%ほどで、80%は別の国籍の外国人。一説には、外国人がモナコに住むには、5億-10億円の銀行預金が必要、という話も。そうだったのか、デューク更家! モナコは平地が少なく、ほとんどが岩山で坂道が多い。「いつか金持ちになってモナコに」という頃には、モナコの坂道が足腰に厳しくなっているかもしれない。
 

【DATA】(外務省HPより)
●人口:3万8,400人(2015年)
●面積:2.02km2
●首都:モナコ市
●言語:フランス語

『月刊総務』2017年11月号P6より転載