月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】6月の業務ポイントと行事

2020-05-25 10:00

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子

koyomi06.jpg

クリックで拡大

◆6月の業務ポイント

【株主総会で使う6種類の資料】
 株主総会は総務にとって1年を通して最大の山場の一つ。株主総会を円滑に進めるためには事前の準備が必要です。
●株主総会招集の際に必要なもの
(1)定期株主総会招集通知: 株主に対して株主総会の日時、場所、会議の目的などを記すもの。
(2)株主総会参考書類: 議決権行使にあたり事前に参考にすべき事項を記載した書類。
(3)計算書類等:株式会社が、各事業年度にかかる会社の状況を説明する「事業報告」。貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表を指す「計算書類」。この2つのことをいう。
●株主総会開催時に必要なもの
(4)株主総会議事進行シナリオ: 株主総会を進める上での台本。
●株主総会後に必要なもの
(5)議事録:株主総会で決議した内容を記載したもの。
(6)決議通知書:株主総会で決議されたものを株主に伝えるための書類。
 

◆6月の月間&週間行事

▼6月1日-30日
・男女雇用機会均等月間(厚生労働省)
▼6月4日-10日
・歯と口の健康週間(厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会)
▼6月7日-13日
・危険物安全週間(総務省)


◆世界旅行気分

▼スイス連邦(Swiss Confederation)
switzerland.jpg 通称スイスは、中央ヨーロッパに位置する連邦共和制国家。永世中立国であり、自国の安全は自国で守るため、軍隊を持ち、成人男子には一定期間兵役訓練がある。スイスは単独で豊かな経済力を持った裕福な国のため、EUには加盟していない。また、永世中立国は戦争に巻き込まれる心配がないため、世界の国際機関がスイスに集中している。
 しかし日本人がスイスと聞いて思い浮かべるのは「アルプスの少女ハイジ」だろうか。今もハイジのイメージと同じ世界がスイスにはあるのだ。暖炉の火で溶
かしたチーズをパンにはさみ、ヤギのミルクとともに食べるシーン。「あのチーズ食べたいなぁ」と思ったのは自分だけではないだろう。


【DATA】(外務省HPより)
・人口:854 万人(2018年)
・面積:4万1000km2(九州と同じくらい)
・首都:ベルン
・言語:ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語


『月刊総務』2020年6月号P6より転載