総務のトピックス

【労務トピックス】:

労働保険年度更新手続きについて

2017-04-20 13:00

=== 雇用保険料率の改定(H29.4月から)、適用拡大(H29.1月から)を含めて ===


 労働保険(労災保険、雇用保険)の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(これを「保険年度」といいます)を単位として計算し、その額はすべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっています。
 平成29年は、1月より雇用保険の加入の際の年齢条件が廃止され、4月より雇用保険料率が引き下がります。法改正情報を含め、保険料計算の解説をいたします。

1.雇用保険料率の変更

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの雇用保険料率は労働者負担・事業主負担ともに1/1,000ずつ引き下げられました。(表1参照)

表1:平成29年度の雇用保険料率
topics20170420_01.png
 現下の雇用情勢、雇用保険の財政状況等を勘案し、3年間の時限措置です。


2.雇用保険の適用拡大

 平成29年1月1日以降、従来は適用除外であった65歳以上の労働者についても、(1)1週間の所定労働時間が20時間以上であり、(2)31日以上の雇用見込がある場合は「高年齢被保険者」として雇用保険の被保険者となります。

 平成29年1月1日以降は、雇用した時点から「高年齢被保険者」となります。雇用した日の属する月の翌月10日までに管轄のハローワークに資格取得の届出が必要となります。従来の「高年齢継続被保険者」は自動的に「高年齢被保険者」となります。「高年齢被保険者」の雇用保険料は免除され、免除措置は平成31年度まで継続されます。改正により新たに「高年齢被保険者」になった被保険者も要件を満たせば、次の各種給付金の対象者となります。離職した場合の「高年齢求職者給付金」「育児休業給付金」「介護休業給付金」「教育訓練給付金」があります。


3.労働保険の年度更新とは

 労働保険料は、保険年度ごとに概算金額を納付し、保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算する方法をとります。確定保険料の精算と概算保険料の申告・納付手続きを「年度更新」と言います。年度更新は、毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければならず、申告・納付が遅れた場合、追徴金(納付すべき保険料・拠出金の10%)が課せられることがあります。

(1)申告・納付先

 あらかじめ労働保険番号、事業の所在地・名称、保険料率等が印刷された「労働保険概算・確定保険料/石綿健康被害救済法一般拠出金申告書」(以下「申告書」)が、都道府県労働局から各事業主宛てに送付されます。その申告書にて計算を行い、保険料等を添えて、金融機関(注1)、所轄都道府県労働局及び労働基準監督署のいずれかに、6月1日から7月10日までの間(土日祝日を除く)に提出します。手続については、電子申請及び電子納付ができます。申告書を電子申請した場合にのみ電子納付をすることができます。

(注1)日本銀行の本店、支店、代理店及び歳入代理店(全国の銀行・信用金庫の本店又は支店、郵便局)。

(2)年度更新上の留意点

 年度更新において納付する労働保険料は、その事業で使用される全ての労働者に支払った賃金総額に、その事業に応じて定められた保険料率を乗じて算定し、一般拠出金の額については、賃金総額に一般拠出金率(1000分の0.02)を乗じて算定を行います。

「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業に使用される者で賃金を支払われる者をいいますが、そのうち雇用保険料の負担が免除される「高年齢労働者」(その保険年度の初日において満64歳以上の者)や雇用保険の被保険者とならない者(学生アルバイト等)に対して支払った賃金がある場合には、労災保険に係る保険料と雇用保険に係る保険料とを区別して、それぞれ算定したものの合計が労働保険料となります。

(3)雇用保険法改正との留意点

 確定保険料と概算保険料のいずれにもご留意ください。

・平成28年度確定保険料は、雇用保険料にかかる賃金について、従来の高年齢労働者の他に、平成29年1月から拡大適用された「高年齢労働者」の賃金を平成29年1月から3月分について、雇用保険料にかかる賃金に含めます。なお、雇用保険料率は改正前の保険料率(一般の事業では、11/1,000)を使用します。

・平成29年度概算保険料は、雇用保険料の負担が免除される「高年齢労働者」は昭和28年4月1日以前に生まれた方を対象とし、雇用保険料率は改正後の保険料率(一般の事業では、9/1,000)を使用します。

 その他詳細は、申告書と同封される「労働保険 年度更新 申告書の書き方」をご参照ください。


連載協力:税理士法人AKJパートナーズ
    ( http://www.akj-partners.com/