2023年はインフルの流行が早い 学級閉鎖は昨年同期比8件→6000件、感染防止対策もチェック

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年12月04日
AdobeStock_333754296_20231107

厚生労働省は12月1日、季節性インフルエンザについて、全国で報告された患者数が1医療機関当たり28.30人、全国で13万9914人になったと発表した。

44都道府県で前週の報告数よりも増加し、3都道府県では前週の報告数よりも減少した。また、全国の保健所管轄区域で警報レベルを超えた区域は249か所であった。

今年のインフルエンザ、流行るのが早い すでに23道県が警報レベル

1医療機関当たりの患者数が最も多かったのは北海道の51.90人で、次いで長野県が51.83人。合わせて23道県で「警報レベル」の目安となる30人を超えた。同日、国立感染研究所がインフルエンザの大きな流行が発生または継続しつつあることが疑われるとして注意喚起を行った道県の、定点当たり報告数は以下の通り。

  • 北海道・東北
    • 北海道(51.90)、宮城県(43.78)、福島県(38.38)、山形県(35.07)、岩手県(33.97)
  • 関東・甲信越
    • 長野県(51.83)、群馬県(33.46)、栃木県(30.58)、新潟県(30.31)、山梨県(29.98)
  • 北陸・東海
    • 三重県(33.82)、愛知県(32.23)、静岡県(30.96)、石川県(30.27)
  • 近畿・中国・四国
    • 鳥取県(38.17)、岡山県(31.35)、広島県(30.96)、奈良県(28.73)
  • 九州
    • 佐賀県(49.67)、長崎県(43.67)、福岡県(41.44)、熊本県(39.23)、大分県(34.76)、鹿児島県(34.24)、宮崎県(32.50)

インフルエンザによる学級閉鎖も、前年同週でプラス6000施設?

同日、インフルエンザの影響で全国の6174の学校などが休校や学級閉鎖となったと発表されたが、前年同期ではわずか8件だったことから、今年は例年より早い時期から流行が始まっていることがうかがえる。(2023年累計では3万7812件、前年同期では41件)

国立感染研究所が提供する週ごとの定点当たり報告数のグラフでも、例年のインフルエンザの流行は年末から年始にかけて急増することが多いのに対し、11月からすでに流行が始まっていることが示されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス