会社のジムはからだを「整える」場所 運動嫌いにもアプローチ、利用者数を10倍に増やしたココネ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月29日
ogp20231129na_1

ココネ(東京都世田谷区)は11月28日、厚生労働省、スポーツ庁主催の「第12回健康寿命をのばそう!アワード」でスポーツ庁長官優秀賞を受賞したと発表した。

ジム利用者増加の実績評価でスポーツ庁長官優秀賞を受賞

ココネでは「健康を維持することがより良い仕事と人生につながる」との思いから、2015年に常設のジムを社内に設置し、その取り組みは2020年に移転した現在のオフィスでも続いている。

当初の社員の利用率は高くはなかったものの、2022年1月から、一部のトレーナーを業務委託から直接雇用に転換。パーソナルトレーニングのほか、社内出張ストレッチサービスや美容プログラムなどを展開し、ジムを「鍛える」場所から、「整える」場所へとコンセプトを改めた。

ココネのジム
ココネ提供

こうした社員のジム利用促進・健康意識の向上施策に取り組んだ結果、2022年1月には83人だったジムの月間の延べ利用者数が、2023年7月には872人と10倍以上に拡大した。こうしたジムの導入背景、施策、実績が評価され、「第12回健康寿命をのばそう!アワード」スポーツ庁長官優秀賞を受賞した。

運動が苦手な人にも配慮した企画 SNSで人気のトレーナーをリクルート

同社によると、社内ジムの利用者数を短期間で大きく伸ばすことができた最大の理由は、「コンセプトの変更」にあるのだという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス