秋まで続く花粉症が憎い 約3割の企業が作業効率低下など「業務に悪影響」

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年06月15日
AdobeStock_496404192_20230615

東京商工リサーチ(東京都千代田区)は6月13日、花粉症が業務に悪影響を与えていると考える企業が、3割近くに上る調査結果を明らかにした。作業効率低下のみならず、遅刻増加などの影響もあるという。

対面サービス業など、在宅勤務が難しい業種への影響大

花粉症が業務に「悪影響を与えている」と回答した企業の割合は28%(「大いに与えている」「少し与えている」の合計、以下同)。一方、「全く与えていない」と答えた企業の割合は26.45%にとどまっており、差はあれど約4社に3社は花粉症によって業務に影響が出ていると感じている。

企業別に見ると、大企業が23.2%なのに対し、中小企業は28.6%と5ポイント超も上回る。同社では「大企業は医療機関への受診費用の補助、在宅勤務の推奨など、コロナ禍で学んだ対策を生かしている」と分析する。

貴社の業務に花粉症は悪影響を与えていますか?(択一回答)
貴社の業務に花粉症は悪影響を与えていますか?(択一回答)

花粉症が業務に与える影響を業種別に見ると、対面型サービス業ほど大きい傾向が出ており、これはコロナ禍の直撃を受けた業種と重なる。花粉にさらされても在宅勤務が難しい業種へは、「はた目から見る以上に深刻な影響が蓄積されている」と同社は指摘する。業種別に見た企業の割合は、それぞれ以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス