ニッスイ、「禁煙週間」で従業員の喫煙率を2.6%改善 社内コンテストによる肥満対策も

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年12月10日
20211210_OGP2

日本水産(東京都港区)は12月9日、2021年の健康経営の取り組みとして「喫煙率の低減」「肥満率の改善」などの進捗を発表した。

禁煙デーを毎月1週間追加、従業員の喫煙率を2.6%削減

発表によると、これまでの禁煙の取り組みにより同社従業員の喫煙率は漸減傾向だったが、「まだ全国平均より高い状況」という状況を鑑みて引き続き対策を講じた結果、前年度(25.3%)から2.6%減少し22.7%になった。

具体的には、「世界禁煙デー」にあたる2021年5月31日から1週間、全社一斉禁煙を実施した。また、同社は2020年度から毎週水曜日の就業時間中は禁煙とする「禁煙デー」を導入していたが、2021年7月からはさらに毎月第2週の1週間を禁煙とする「禁煙ウィーク」を追加し、第2週目(ニッ)と水曜日(スイ)を禁煙日とした「ニッスイ(第2週&水曜日)禁煙DAYS」を実施した。

ニッスイ禁煙DAYS

また、引き続き禁煙外来治療への補助や、各事業所の喫煙所の閉鎖や縮小にも取り組んだ。同社は2022年度に「365日就業時間禁煙化」を目指している。

肥満率、チーム対抗戦でBMI数値改善 『筋肉体操』講師によるセミナーも

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR
  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR

特別企画、サービス