外国人技能実習生からの労基法違反申告、トップは「賃金・割増賃金の不払い」

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月30日
20210830_job

厚生労働省は8月27日、全国の労働局や労働基準監督署が、2020年に外国人技能実習生(以下、技能実習生)の実習実施者(技能実習生が在籍している事業場)に対して行った監督指導や送検等の状況について公表した。

法令違反が認められた実習実施者は7割に

全国の労働局や労働基準監督署は、監理団体および実習実施者に対し、労働基準関係法令などの周知・啓発に努めるとともに、労働基準関係法令違反の疑いがある実習実施者に対しては監督指導を実施している。

労働基準関係法令違反が認められた実習実施者は、監督指導を実施した8,124事業場(実習実施者)のうち、5,752事業場(70.8%)に及んだ。主な違反事項は、「使用する機械等の安全基準」が24.3%、「労働時間」が15.7%、「割増賃金の支払」が15.5%。

その他の主な違反事項の割合は、以下の通り。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス