インボイス直前! 注意すべき請求書受領パターンはこの3つ 経理担当者1万人のクイズ挑戦結果

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年09月26日
photoAC_22847924_20230926

Sansan(東京都渋谷区)は9月25日、1万人以上を対象に実施した経理担当者向け学習コンテンツ「適格請求書(インボイス)クイズ」の結果を基に、インボイス制度において、特に注意すべき請求書受領パターンTOP3を発表した。

このクイズは、同社が提供するインボイス管理専用サービス「Bill One」を通じて実施されたもの。日頃から請求書業務に携わる実務担当者などが挑戦したが、同制度自体の複雑さから、クイズの平均正解率は66%にとどまった。

区分記載請求書の要件などに課題、制度の複雑さから実務理解が不十分であることが明らかに

適格請求書の判定において、特に正解率が低かったのは、以下の3項目だった。

  • 第1位:区分記載請求書の要件(正解率42.1%)
  • 第2位:取引年月日の記載有無(正解率51.8%)
  • 第3位:消費税額等の端数処理(正解率55.4%)

正解率ワースト1位「区分記載請求書の要件」の不正解の理由としては、仕入税額控除の経過措置を正しく認識できていないことが要因だと同調査は分析。インボイス制度開始後の一定期間は、免税事業者からの課税仕入れであっても一定割合を仕入税額控除できるとされており、注意が必要だとアドバイスしている。

第2位の「取引年月日の記載有無」は、請求書を発行する企業によって和暦表示や西暦表示など記載が異なることから、確認に手間がかかり、ケアレスミスが想定される。

第3位の「消費税額等の端数処理」については、同制度では、商品ごとに端数処理しその合計額を記載するといった方法は認められていない。税率ごとに区分した消費税額等に1円未満の端数が生じる場合、1つの適格請求書につき税率ごとに1回の端数処理を行うことが求められるため、注意が必要だ。

全10問のクイズに挑戦し、インボイス制度対応に役立つ知識を身に付けよう

同クイズは、受領した請求書を表示し、インボイスの要件を満たしているかどうかを見分けるというもの。全10問・選択式の二択問題。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス