コロナ下の障がい者雇用

コロナ下の3月1日、民間企業の法定雇用率が2.3%に引き上げられ、また対象も従業員数43.5 人以上の事業主に広がった。出社の制限や感染予防対策など、さまざまな配慮が必要な中、対応に苦慮している担当者も少なくないだろう。

急激に働き方や仕事のやり方が変わる中、障がい者についても、より柔軟な雇用の在り方が求められている。

306648420_800

ともに成長し続けられる 職場作りの推進 ―― ビーアシスト株式会社

306649962_800

「プロ化マニュアル」で社内で頼られる部署に ―― 株式会社IMAGICA GROUP

202109_014_ogp

テレワークで広がる障がい者雇用の可能性 カギは業務・採用・定着(2)

特別企画、サービス