コロナ下の障がい者雇用

ともに成長し続けられる 職場作りの推進 ―― ビーアシスト株式会社

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月31日
306648420_800

経営理念として「事業活動を通じての社会への貢献」と「全従業員の物心両面の幸福の追求」を掲げるブックオフグループは、かねてより障がい者雇用に力を入れてきた。2021年3月の株式会社ミンナのシゴトら3社との業務提携により、障がい者の就労機会の拡大と、店舗の業務効率、生産性向上に取り組んでいる。

取材・文◎宮本優子

ブックオフグループの取り組み

ビーアシスト株式会社 永谷佳史さん
ビーアシスト株式会社
代表取締役社長 兼 ブックオフグループホールディングス株式会社 総務部長
永谷佳史さん

ブックオフグループの障がい者雇用を担う特例子会社として、ビーアシスト株式会社が設立されたのは2010年10月。同社の代表取締役社長である永谷佳史さんは、ブックオフグループホールディングス株式会社の総務部長を兼務して11年目を迎えたが、入社は31年前にオープンした神奈川県相模原の「ブックオフ直営一号店」の、開店準備のアルバイト職からだったという。

「創業社長の坂本孝とともに、会社を大きくしてきたという思いがあります。ブックオフに育ててもらったといっても過言ではありません。ビーアシストの社長に就任し、同じようにスタッフのみなさんに成長を実感していただきたいし、一緒に会社を作っていきたいと思っています」

ビーアシストが設立される前のブックオフグループの障がい者雇用は、急激に従業員が増えていたこともあり、法定雇用率の達成が難しい状況だった。また、店舗ごとに配属していたため店長の負担も大きく、一人ひとりの個性に合った育成まで手が回らない面もあり、特例子会社の設立に踏み切った。現在は、横浜市瀬谷、川崎、町田、東千葉、大宮の事業所で、障がい者105人が勤務している(ブックオフグループ全体では142人)。

「もにす認定制度」に認定
2021年6月には「障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度(もにす認定制度)」に認定。「もにす認定制度」は、2020年4月に創設され、神奈川県では同社が7社目

「5事業所では、障害者手帳を持って一緒に働く仲間を『パートナースタッフ』と呼んでいます。すべてのパートナースタッフは長く働いてもらうことを前提に、期間の定めのない形で雇用しており、離職率は非常に低いです」

パートナースタッフのサポート体制とキャリア

同社のパートナースタッフの約9割は、知的障がいのある人だ。ブックオフ店舗での業務フローの「買取」「クリーニング・加工(ラベル貼り等)」「陳列」「販売」の4つの作業工程の中で、主に「クリーニング・加工(ラベル貼り等)」と「陳列」の業務を担当している。パートナースタッフに伴走するのは、サポートスタッフと呼ばれる指導員。所長とともに運営チームとして、パートナースタッフが安心して働き続けるために、定着にかかわるさまざまなサポートを行っている。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス