【資料プレゼント】安全運転管理者必読! 保存版 アルコールチェックの運用総点検

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月08日
notes02_23.8_月刊総務_DLバナー_サムネイル_960×500

すでに2022年4月施行の道路交通法の改正によって、白ナンバー事業者においても安全運転管理者による運転前後のアルコールチェックが義務化されていますが、今年12月1日からは、いよいよ延期されていたアルコール検知器を使った飲酒検査の義務化も開始されます。

この資料では法律の内容や企業に求められる運用をあらためて整理。さらに検知器を選ぶ際のポイントや、より高いコンプライアンス遵守と社用車管理の効率化を実現するサービスを紹介しています。

資料内容のご案内

  • 【CHAPTER1】
    いよいよアルコール検知器の使用義務化開始 アルコールチェック義務化の背景と企業に求められる対応
  • 【CHAPTER2】
    法改正で安全運転管理者の責任がより重大に 社用車の飲酒事故が企業に与える影響とは
  • 【CHAPTER3】
    アルコール検知器について正しく知る 飲酒運転撲滅は企業の使命 検知器は適正に使うことが重要
 
 

ダウンロード用入力フォーム

※競合調査やいたずら、不正な入力での資料ダウンロードはご遠慮ください。
※本資料の配布期間は予告なく変更することがございます。あらかじめご了承ください。

講師プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス