嫌がられるリモハラ1位は? 部屋を映させる、カメラの常時接続強要、服装の話題など 民間調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月01日
remoteworks458A3583_TP_V4

ALL CONNECT(福井県福井市)は、2021年7月5日(月)に週3日程度リモートワークをする、全国の20代~50代の男女300人を対象に「リモートハラスメント(リモハラ)」をテーマにした調査を実施した。その結果、リモハラだと思う上司の言動や最も嫌だと感じたリモハラ経験などが明らかになった。

全体の4割の上司がリモハラ対策で悩んでいる

リモハラ対策として何をすればよいかわからず、悩んだことがある上司は全体の4割に昇ることがわかった。なお、部下は1割程度で差が開いた結果となった。リモハラ加害者とならないように言動に注意しているものの、自分が行っているリモハラ対策が正しいかどうか悩んでいる上司が多いようだ。

リモハラ対策で悩んでいる上司の数
リモハラ対策で悩んでいる上司の数

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス