2021年度「日本企業の経営課題」を日本能率協会が発表  現在・3年後も「人材の強化」を重視

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月14日
294394802_800

一般社団法人日本能率協会は9月8日、「2021年度 当面する企業経営課題に関する調査」の結果を公表した。現在および将来の経営課題のほか、組織・人事領域の課題などにも言及している。

同調査は1979年より企業経営者を対象に実施されており、今年で42回目。2021年7月20日~8月20日の間に、517社からの回答を得た。

「現在」の経営課題 昨年の結果と変化あり

直近の経営課題の第1位は、「収益性向上」(40.8%)。この点は昨年と変わらぬ結果となったが、一方で「人材の強化」が昨年の31.8%から37.7%、「売り上げ・シェア拡大」が30.8%から35.2%へと上昇し、上位3つがほぼ横並びの結果となった。

「現在」の課題

コロナ禍が続くなか、売上回復とともに新たな成長軌道を描くための人材確保および強化を重視する企業が、増加したと考えられる。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス