中小企業のDX推進、実施は4割にとどまる 外部支援機関の活用が鍵に?

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月23日
illustAC_22651840_20230823

東京商工リサーチ(東京都千代田区)は8月22日、DXに取り組んでいる中小企業は約4割にとどまるとの調査結果を明らかにした。また、回答した企業の約半数はDX推進のために外部の支援を活用したいと考えており、中小企業では約4割が支援機関として「金融機関」を活用、または活用を検討していた。

DXへの取り組み、企業規模による差が大きく

DXに取り組んでいると答えた企業の数は、5030社のうち2196社(43.6%)。規模別に見ると、中小企業は40.65%で、大企業(66.05%)と比較して25ポイント下回った。一方で、中小企業の4割以上が「必要性を感じている(40.63%)」と、DXに前向きな姿勢を示している。

貴社ではDXに取り組んでいますか?(択一回答)
貴社ではDXに取り組んでいますか?(択一回答)

DXに期待する効果は、業務効率化や業務時間削減、人的ミスの低減など

DXに取り組んでいる、もしくは必要性を感じている企業に、DXに期待する効果を聞いたところ、約4社に3社が「業務効率化による生産性の向上(74.7%)」と回答した。

次に多いのが「業務時間削減(65.3%)」で、規模別に見ると大企業(75.8%)と中小企業(63.6%)で10ポイント以上差がついた。同社では「コロナ禍以前から、時間外労働の上限規制の適用を受けていた大企業は、業務時間の削減におけるDXニーズが強い」と分析する。

また、「人的ミスの低減」と答えた企業も半数以上あり、効率化に加えて「インシデント防止、従業員の労働負荷の低減を目的に、DXに取り組む企業が多い」と指摘する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス